Rakuten infoseek

辞書

ゲッティンゲン大学【ゲッティンゲンだいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲッティンゲン大学
ゲッティンゲンだいがく
Georg-August-Universität Göttingen
ドイツのゲッティンゲン市にある大学。正式名称はゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン。ハノーバー選帝侯でもあったイギリス国王ジョージ2世により 1737年設立。ハレ大学をモデルにして科学の自由な研究を重視し,大学革新運動の先駆的役割をになった。新人文主義の発祥地ともなり,J.ゲスナーの指導による言語学のゼミナールは多くの人材を輩出し,大学におけるゼミナール制度の起源となった。また,ゲッティンゲン七教授事件 (1837) や,C.ガウス,M.プランクなどの大学者の輩出などで知られる。大学図書館の蔵書は優に 200万冊をこえ,貴重な写本や古版本も多く,ドイツで最も豊富な収集の1つ。現在は神学,法学,医学,数学,物理学,化学,生物学,地球科学,森林学,農学,経済学,社会科学,教育などの学部から成り,ドイツでも有数の大学の1つである。教員数約 700名,学生数約3万 1000名 (1997) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゲッティンゲンだいがく【ゲッティンゲン大学】
ドイツのゲッティンゲンにある大学。ハノーファー選帝侯のゲオルク・アウグスト(のちのイギリス王ジョージ2世)がミュンヒハウゼンGerlach Adolf Freiherr von Münchhausen(1688‐1770)の計画にもとづいて1737年に開設した。正式名称はゲオルク・アウグスト大学Georg‐August‐Universität。ラテン語にかえてドイツ語による授業,実験に基づく自然科学,新人文主義的古典研究により名声を博し,ハレ大学(1694創設)とともに大学史上の一時代を画する重要な役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲッティンゲン大学
げってぃんげんだいがく
Georg August-Universitt
1737年ハノーバー選帝侯によって設立され、その名を記念してゲオルク・アウグスト大学と称される。ドイツ連邦共和国のゲッティンゲン市にある総合大学。創設時、ハレ大学をモデルに、中世以来の神学部優先を排し、科学の自由研究を重んじ、近代的大学への移行に先駆的な役割を果たした。有名なグリム兄弟を含む七教授Gttinger Siebenが、憲法上の問題でハノーバー王と対立して大学を去ったゲッティンゲン七教授事件(1837)は、大学の自由の歴史に一時期を画した。この大学は新人文主義発祥の地でもあり、ゲスナーJohann Matthias Gesner(1691―1761)らの言語学ゼミナールからは人材が輩出したことでも知られる。1995年現在、14学部(神学、法学、医・歯学、歴史・哲学、数学、物理学、化学、地球科学、生物学、林学、農学、経済学、社会科学、教育学)があり、学生数約3万人、教員数約2000人を数える。[馬越 徹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲッティンゲン大学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲッティンゲン大学の関連情報

他サービスで検索

「ゲッティンゲン大学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.