Rakuten infoseek

辞書

ゲイツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲイツ
Gates III, William Henry
[生]1955.10.28. シアトル
アメリカのコンピュータプログラマー,実業家。通称ビル・ゲイツ。 1975年に世界で初めてのコンピュータソフトウエア会社,マイクロソフトを創設。ハイスクール時代に学校の給与システムをコンピュータ化するプログラマーを集める手助けをし,次いで地方行政機関に交通量を調査するシステムを販売するための会社,トラフォデータ Traf-O-Dataを設立した。 19歳のときハーバード大学を中退,ハイスクール時代の友人 P.アレンとマイクロソフト社を創立し,大型コンピュータで採用されていたプログラミング言語である BASICを当時一般市場で入手可能になったばかりのマイクロコンピュータで使用できるように修正する仕事を始めた。次いでIBMからの依頼に基づき,ハードウエアメーカーのシアトル・コンピュータ・プロダクツ Seattle Computer Productsからパーソナル・コンピュータ (パソコン) 用のオペレーティングシステム OS,SCP-DOSを買い取って修正を加え IBMのパソコン用に PC-DOSを開発。 1981年に IBM初のパソコンが発売されるのと同時にこの PC-DOSを自社製品 MS-DOSとして発売,1980年代中頃には MS-DOSはアメリカのパソコンの OSとして業界標準となった。 MS-DOSの普及に伴いゲイツは財務処理のための表計算やワードプロセッサなどのアプリケーションソフトウエアの開発も始め,1980年代の終わりにはマイクロソフトをアメリカ有数のソフトウエア会社に育て上げた。またパソコンの操作をコマンドを打鍵する方法からマウスで画面上のシンボルを指示する方法へと大きく改善したウィンドウズ Windowsのバージョン 1.0を 1985年に発売,たび重なる修正を加え実用面での使用に耐えうるバージョン 3.0を 1990年に完成させ,MS-DOSからウィンドウズへという新たな OSの展開に道筋をつけた。 1993年にはウィンドウズのバージョン 3.0およびその改善 (上位) バージョンは全米で毎月平均 100万個の売り上げを記録し,マイクロソフトは全世界のパソコンの OSの 90%を占めるにいたった。この間,1986年 31歳のときにゲイツはマイクロソフトの株式を公開して巨万の富を築いた。 1995年にはさらなる改善を加えたウィンドウズ 95を大々的に発表,その後もウィンドウズ 98,2000,XPなどを次々と開発し,ゲイツはマイクロソフトを世界最大のコンピュータソフトウエア会社にした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゲイツ(William Henry Gates Ⅲ)
[1955~ ]米国の実業家。通称、ビル=ゲイツ。1975年、ポール=アレンと共にマイクロソフト社を創立。パソコン用オペレーティングシステムウインドウズを開発し、世界的な名声を得る。その後も次々とパソコン用ソフトを開発、同社の地位を不動のものとした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ゲイツ
日本のテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』(2002-2003)に登場するモビルスーツ。ザフト所属。型式番号はZGMF-600。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲイツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲイツの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門新藤兼人斎藤寅次郎コーマン[各個指定]芸能部門マキノ雅広野村芳太郎久松静児森一生中小企業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.