Rakuten infoseek

辞書

ケープ植民地【ケープしょくみんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケープ植民地
ケープしょくみんち
Cape Colony
1910年南アフリカ連邦に統合される以前の旧イギリス領植民地名。南アフリカ共和国のかつてのケープ州は,この植民地の領域をその行政領域として継承していた。1652年オランダ東インド会社が,バタビア(ジャカルタ)への中継基地として,テーブル湾岸に植民地を建設したことに始まる。以後,オランダ人が多く植民し,1685年のナントの勅令廃止後はフランスからのユグノーの移住などもあり,18世紀に入ると,ボーア人と呼ばれるオランダ系移住農民の子孫が内陸地方にも進出して牧畜に従事した。18世紀末には,北はオレンジ川,東はグレートフィッシュ川付近まで進出。1795年イギリス艦隊のケープ占領後,1806年再びイギリスに占領され,1814年のウィーン会議で正式にイギリス領となった。1835年以降,イギリスに反発するボーア人がオレンジ川を越えて大移住(→グレート・トレック)。1852年トランスバール共和国,1854年オレンジ自由国が独立。この頃までに,数次にわたるカフィル戦争も終わり,北はオレンジ川,東はグレートフィッシュ川とケイ川との間の地方までがケープ植民地の領域となり,1880年にはオレンジ川北方のグリカランドウェストも併合された。1910年の南アフリカ連邦成立の際に,ナタール植民地,トランスバール植民地,オレンジ川植民地とともにその一州となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケープ‐しょくみんち【ケープ植民地】
アフリカ南端にあった植民地。1652年にオランダが植民地とし、1814年にはイギリスが領有。1910年に南アフリカ連邦結成により、その一州となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ケープしょくみんち【ケープ植民地】
アフリカ最南端にあったオランダの,次いでイギリスの植民地。(1)オランダ東インド会社統治期(1652‐1806) 1652年オランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベークは東洋航路の中継基地としてテーブル湾に上陸した。その後会社は社員の一部(ブルヘルと呼ばれた)を解雇して農業を営ませ,また労働力としてジャワ方面から奴隷を輸入して白人入植社会を形成していった。さらに本国からの移民を奨励し,17世紀末には多数のユグノー(フランスから追われたカルバン派新教徒)が移住した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケープしょくみんち【ケープ植民地】
アフリカ南端の植民地。1652年オランダが植民地とし、1814年イギリスが領有、帝国主義政策の基地となる。南アフリカ戦争後、南アフリカ連邦の一州となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケープ植民地
けーぷしょくみんち
Cape Colony
1910年の南アフリカ連邦(現南アフリカ共和国)結成以前の南アフリカにおけるイギリス植民地。イギリスはオランダ東インド会社領のケープを第一次(1795)、第二次(1806)の二度の占領の結果、1814年正式にイギリス植民地とした。イギリスは総督を派遣し、その下で行政・立法審議会を置いて統治したため、35年イギリス支配を嫌うブーア人(オランダ系移民)のグレート・トレック(内陸大移動)を引き起こした。入植者が増えるにつれてカフィール戦争など東部・北部フロンティア(国境)の拡大が行われた。しかし自由貿易主義を堅持する当時のイギリス本国政府は植民地の拡大を望まず、植民地経済は喜望峰回りの船の寄港地としての意義のほか羊毛の輸出によっていた。67年内陸のオレンジ自由国のグリクァランド・ウェストでダイヤモンド富鉱が発見されるとただちにこれを併合(1871)、またトランスバールの金鉱の発見後、第二次ブーア戦争(1899~1902)を起こし、イギリスの勝利後の1910年南アフリカ連邦を結成し、ケープ植民地はその一州に組み込まれた。[林 晃史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケープ‐しょくみんち【ケープ植民地】
(ケープはCape) 南アフリカ南端の喜望峰を中心とする植民地。一四八八年にポルトガル人による喜望峰の発見以来、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となった。一九一〇年南アフリカ連邦の独立とともにその一州ケープ州となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケープ植民地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケープ植民地の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

「ケープ植民地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.