Rakuten infoseek

辞書

ケンブリッジ大学【ケンブリッジだいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケンブリッジ大学
ケンブリッジだいがく
University of Cambridge
オックスフォード大学と並び,イギリス最古の指導的地位にある大学。私立,共学制。 1209年,当時混乱状態のオックスフォードから多数の学生が移住してきたことにより,学問の中心として急速に発達。 26年教皇と国王から総長が承認され,パリ,オックスフォード両大学にならって機構が整備された。 1502年最初の教授職として神学教授のポストが設けられ,以後大学の影響力が次第に強まっていった。 11年にはエラスムスが着任してルネサンス研究の基礎をつくり,46年にはヘンリー8世がケンブリッジ最大のカレッジであるトリニティ・カレッジを設立した。 1669年には I.ニュートンが数学教授に就任,以後 30年間は大学内で数学が最高の地位を保った。 19世紀にいたって,学生数は急速に増加し,1873年には最初の女子カレッジであるガートン・カレッジが設立された。第1次世界大戦後は卓越した教授陣を誇り,数学,物理学,経済学その他の各分野で高い学問水準を保ってきた。オックスフォードと同様師弟が居住をともにして学ぶ学寮 (カレッジ) 制をとり,チュートリアルシステム (→チューター ) による個別指導を特色とする。教員数約 1500名,学生数約1万 4500名 (1997) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケンブリッジ‐だいがく【ケンブリッジ大学】
Cambridge University》英国のケンブリッジ市にある私立大学。起源は12~13世紀ごろとされる。宗教改革運動の拠点となり、18世紀からは数学・自然科学の研究の中心となった。多くの学寮(カレッジ)からなり、オックスフォード大学と並び称される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ケンブリッジだいがく【ケンブリッジ大学 University of Cambridge】
イギリスのケンブリッジにある大学。オックスフォード大学とともに〈オックスブリッジ〉または〈キャムフォードCamford〉と呼ばれ,古い歴史と伝統を誇る。校色は,オックスフォード大学の暗青色Oxford blueに対して,淡青色Cambridge blue。1829年以来,両大学対抗ボート・レースが毎春,テムズ川で催される。 ケンブリッジ大学の歴史は,1209年のオックスフォード大学の学生処刑事件を契機とする学生の大量移住に始まるといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケンブリッジだいがく【ケンブリッジ大学】
イギリスのケンブリッジ市にある私立大学。多くのカレッジからなる連合組織をとる。一三世紀初めに設立され、オックスフォード大学と並んでイギリスの指導者層養成機関の役割を果たしてきた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケンブリッジ大学
けんぶりっじだいがく
Cambridge University
イギリスの、伝統と由緒ある大学。起源は12世紀にさかのぼることができるといわれるが、一般には1209年オックスフォード大学から、多数の学徒が市民との騒擾(そうじょう)を避けて移動したことに求められる。1226年総長が任命され、ついでヘンリー3世は市長に通告を出し、国に名誉と利益をもたらす学生を歓迎するように命じた。最初の学寮(カレッジcollege)は1284年に設立された。1318年教皇ヨハネス22世が、全キリスト教国に通用する学位の認定をこの大学に承認したことにより、名実ともに一流の大学に発展した。ルネサンス期には新学問の一中心として栄えたが、これは人文主義者エラスムスの来講に負うところが大きい。ここはまた宗教改革運動の拠点でもあった。17世紀後半にはニュートンの指導のもとでとくに数学の研究が進み、大学の名声はひときわ高まった。制度改革は19世紀なかば以降着々と進み、非国教徒への開放、自然科学部門の拡充、講座増設、施設の拡張・整備などが行われた。[松垣 裕]

現状

オックスフォード大学とともに「オックスブリッジOxbridge」と称されるように、組織や慣行において両校ともよく似通っている。カレッジの規模はケンブリッジのほうが少し大きい。2000年現在、トリニティ・カレッジやキングズ・カレッジなど31のカレッジがある(うち三つが女子カレッジであとはすべて男女共学)。カレッジ制度とチュートリアル・システムtutorial systemを基盤とした少人数手作り方式の大学教育を標榜(ひょうぼう)している。カレッジのフェローfellowとよばれる教師の大半がユニバーシティ(全学)の教師職を兼任し、ユニバーシティの教職員のほとんどがカレッジのフェローないしそのメンバーでもある。全学の教育・研究組織である学部facultyは21を数える。有名なキャベンディッシュ研究所も全学の施設である。ニュートン以来の伝統から科学研究に特色があるといわれ、過去に60人以上のノーベル賞受賞者を出しているが、専攻分野ごとの学生数は人文学と科学それぞれほぼ均衡している。
 1997年現在、フルタイムの学生数1万5500人強。そのうち約4500人は大学院レベルの学生である。学生の約15%は130を超す国々からの留学生が占める。教職員数約7000人。[安原義仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケンブリッジ‐だいがく【ケンブリッジ大学】
(Cambridge University) オックスフォード大学と並ぶイギリス最古の私立大学。ロンドンの北方約八〇キロメートルにある。一三世紀初頭に起源、一四世紀に大学の組織が確立した。三一のカレッジ(学寮)の連合組織からなりたち、個人指導を中心とする全寮制教育が特色。
[補注]明治期には「剣橋大学」「堅不列痴大学」などの表記が見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンブリッジ大学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケンブリッジ大学の関連情報

他サービスで検索

「ケンブリッジ大学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.