Rakuten infoseek

辞書

ケレスチヌス4世【ケレスチヌスよんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケレスチヌス4世
ケレスチヌスよんせい
Coelestinus IV
[生]?. ミラノ
[没]1241.11.10.
ミラノ出身の第179代教皇在位 1241.10.~11.)。本名 Goffredo Castiglioni。第172代教皇ウルバヌス3世(在位 1185~87)の甥。1227年にサン・マルコ大聖堂の司祭枢機卿(→カーディナル)に,1239年にはサビナの司教枢機卿に叙階された。1241年10月に教皇グレゴリウス9世(在位 1227~41)を引き継ぎ教皇に選出された。老齢に加え病魔に侵されていたため,登位の 2週間後,教皇庁と神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(在位 1220~50)の対立のさなかに死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケレスチヌス4世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケレスチヌス4世の関連情報

関連キーワード

窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台グレゴリウス9世円爾リーグニッツの戦い唐艾ひちめく

他サービスで検索

「ケレスチヌス4世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.