Rakuten infoseek

辞書

ケベック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケベック
Quebec
カナダ東部,ケベック州州都。フランス語では Québec。モントリオールの北東約 240km,セントローレンス川北岸に位置する。カナダ最古の都市で,町は台地上の北部地区とセントローレンス河岸の低地の南部地区とに分かれる。1月の平均気温-11℃,7月の平均気温 20℃,年降水量 1175mmで,冬の寒さがやや厳しい。 1763年フランス直轄領からイギリス領に移り,ケベック植民地 (旧ケベック) が二分された 1791年ローアーカナダの州都となった。カナダ自治領が成立した 1867年以降ケベック州の州都。長い間カナダの主要港で,また木造船の建造,修理の一大中心地であったが,19世紀後半セントローレンス水路が開かれて上流のモントリオールが最大の港となると,大きな経済的打撃を受けた。その後鉄道,港湾施設,水力発電所が建設されて,造船,パルプ,皮革製品,織物,機械,火薬,食料品などの工業が発展し,さらに州東部の商業,貿易の中心となった。大陸横断鉄道その他幹線鉄道の起点であるほか,国内およびアメリカ主要都市との間にバス路線があり,空路でも結ばれている。 1823~32年に築かれた城壁に囲まれた旧市街にはシャトー・フロンテナク (ホテル) ,ノートルダム・デ・ビクトアール教会 (1688) ,アングリカン聖堂 (1804) ,1647年に建てられたが 1922年に焼失して再建されたローマ・カトリック大聖堂,ローマ・カトリック神学校,旧ラバル大学などがあり,1985年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 51万6622(2011)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

ケベック
世界文化遺産に登録されたケベック・シティの旧市街。北米で唯一の城塞都市としても有名です。フランス人によるカナダ植民の拠点があったため、今でもフランス色の濃い落ち着いた観光都市です。旧市街は、カトリックの施設や役所が多いアッパー・タウンと、商人や職人などが住んでいたロウアー・タウンに分けられます。アッパーで文化に触れ、ロウアーの町並みを散歩する。夕暮れどきから夜にかけて、街に明かりが灯るころ、セント・ローレンス川からケベック・シティを眺めるクルージングは何ともいえない情緒があります。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

ケベック【Quebec】
カナダ東部,ケベック州南部の同州の州都で,白人が建設したカナダ最古の都市。また,北アメリカにおける唯一の城壁都市。人口16万7517(1991),大都市件人口67万2549(1992)。セント・ローレンス河口から約600km上流の川が狭まる地点に位置し,〈アメリカのジブラルタル〉とも呼ばれる。1608年フランス人シャンプランが町を建設,以後北アメリカのフランス植民地の中心として発展した。住民の大部分がフランス系で,モントリオールとともにフランス系カナダの中心都市。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケベック【Québec】
カナダ南東部の州。南部のセントローレンス川流域は、パルプ・製紙・製材などの工業や、酪農が発達。住民はフランス系で、フランス語を使用する。
ケベック州の州都。セントローレンス川の河口の北岸に位置する港湾都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケベック
けべっく
Qubec
カナダ東部の州。面積135万5743.08平方キロメートルはカナダ10州中最大、人口723万7479(2001)はオンタリオ州に次ぎ第2位である。州都ケベック。住民の約74%がフランス系で、イギリス系は4.1%にすぎない。大陸性気候で、1月の平均気温は零下10℃、7月は11~21℃である。自然地理的には、セント・ローレンス低地、アパラチア高地、カナダ楯状地(たてじょうち)の三つに区分される。
 セント・ローレンス低地は、ケベック市を頂点とし、南西方向に延びている。面積は州全体の2%にも達しないが、モントリオールなどの大都市があり、州人口の50%以上を占める。この地域は、五大湖地方と大西洋を結ぶ交通路のため、古くから重要な地域であった。アパラチア地域は、州南東部のアパラチア山脈の延長で、緩やかな丘陵地帯を形成している。また、セッドフォードには世界最大級のアスベスト鉱山がある。混合樹林帯でカエデが多く、カエデの樹液を煮つめたメープル・シュガーはこの地域の特産物として有名である。混合農業を主とし、酪農も行われている。小規模水力発電を利用した製材、製粉、木材加工などの産業もある。カナダ楯状地は、先カンブリア時代の岩石からなり、州面積の80%以上を占めている。無数の氷河湖が点在し、針葉樹林帯で、カナダ経済林の3分の1を占める。地下資源も豊富で、西部には金、銀、銅などの鉱山が、ラブラドルの州境には鉄鉱床があり、この鉄鉱石はセント・ローレンス水路で五大湖周辺の工業地帯に送られている。近年ジェームズ湾に注ぐイーストメーン川流域に大ダム群を建設するなど、水力発電が重要産業となっている。その安価な水力発電を利用したアルミニウム精錬業も世界的に有名である。[山下脩二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケベック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケベックの関連情報

他サービスで検索

「ケベック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.