Rakuten infoseek

辞書

ケトース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケトース
ketose
ケト糖ともいう。ケトン性のカルボニル基をもつ単糖類総称。ケトンアルコールであり,アルドースに対応する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケトース(ketose)
ケトン基をもつ単糖類の総称。水に溶け、甘みがある。アルドースと異なり、強く酸化するとケトン基のところで炭素鎖が切れて2個のカルボン酸を生じる。天然にはヘキソースのD-フルクトースペントースのD-キシルロースなどが知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ケトース
 単糖で,2位の炭素もしくはそれ以下の炭素にカルボニル基をもつもの.たとえばフルクトース.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けとーす【ケトース】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケトース
けとーす
ketose
ケトン基をもつ単糖の総称。単糖としての諸性質のうち、アルドースと異なる点は酸化のされ方で、次亜ヨウ素酸塩では酸化されないが、強く酸化するとケトン基のところで切れて2個のカルボン酸を生ずる。天然に存在するケトースで代表的なものに、ケトヘキソースの一つであるD-フルクトース果糖)があり、ケトペントースとしてはキシルロースがある。動物体内ではともに代謝中間体として存在し、代謝異常によりフルクトース尿症(酵素である肝フルクトキナーゼの欠損による)やペントース尿症(L-キシルロースレダクターゼの欠損による)などが現れる。[飯島道子]
『R・K・マレー他著、上代淑人・清水孝雄監訳『ハーパー生化学』原書28版(2011・丸善)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ケトース
ケトース
ketose

ulose.ケトン基をもつ単糖類の総称で,アルドースに対応する.その炭素数により,ケトトリオースケトテトロース,ケトペントース,ケトヘキソースなどに分類される.天然産のケトースは,D-フルクトースやL-ソルボースのように,末端から2番目の炭素原子がケトン基になったもの(2-ケトースまたは2-ウロースという)が圧倒的に多い.水に可溶,甘く,フェーリング液を還元し,銀鏡反応を示す([別用語参照]還元糖).アルドースと比べて対照的なのは酸化のされ方である.室温では臭素酸化を受けず,硝酸と熱するとケトン基のところで炭素鎖が切れて2個のカルボン酸を生じる.たとえば,D-フルクトースからは主としてシュウ酸とメソ酒石酸ができる.

次の図は,D系の2-ケトースの構造と相互関係を示す.これらの立体配置は,同一のオサゾンをつくるアルドースのそれとの比較により,容易に知ることができる.生体内では,対応するアルドースからイソメラーゼにより合成される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケトース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケトースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.