Rakuten infoseek

辞書

ケック望遠鏡【けっくぼうえんきょう】

知恵蔵

ケック望遠鏡
米・ケック財団の援助を受けて、カリフォルニア大学連合がハワイ島マウナケア山(標高約4200m)に建設した2台の口径10m光学・赤外線望遠鏡(KeckI、KeckII)。周辺に中口径の望遠鏡群を配置し、2台の10m望遠と共に可視光・赤外線干渉計としても使う。
(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ケック‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ケック望遠鏡】
米国のカリフォルニア天文学研究協会が運用している2基の大型光学赤外線望遠鏡。光を集める鏡の有効口径はともに約10メートル。ケック財団の資金提供を受けて建設され、1993年に完成ハワイ島マウナケア山頂付近、すばる望遠鏡に設置されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケック望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケック望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.