Rakuten infoseek

辞書

グロッス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グロッス
Grosz, George
[生]1893.7.26. ベルリン
[没]1959.7.6. ベルリン
ドイツ生れのアメリカ国籍の画家,版画家。ドレスデンの美術学校,ベルリンの工芸学校に学び,短期間パリに滞在。第1次世界大戦に従軍,戦後ドイツの混乱に直面して,暗いユーモアを含む作品を制作。 1918年に始るベルリン・ダダの中心的存在で,鋭い社会風刺の作品を次々に発表。 1920年代中頃には O.ディックス,M.ベックマンらと力強い写実的手法を採用し,新即物主義 (ノイエ・ザハリヒカイト ) の立場に立つ。 32年に亡命してニューヨークに住み,30年代末の一時期,ニューイングランド風景に裸体を配した作品を描いたが,第2次世界大戦勃発とともに再び社会的関心の強い風刺的リアリズムに向った。 38年アメリカ国籍を得,59年ベルリンに帰って3週間後にした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グロッス【George Grosz】
1893‐1959
ドイツの画家。すでに第1次大戦中にダダイストとしてベルリンに登場。1920年代を通じて描かれた《支配階級の顔》《この人を見よ》など数冊の画集は,ドイツ革命の挫折により温存された資本家・軍人階級の思い上がりを痛烈に批判し,ワイマール体制の矛盾を暴いている。ドーミエの伝統につながり,絵筆武器にして闘った社会的リアリズムの画家である。ナチスの圧迫のため,33年以降アメリカへ移住新即物主義【土肥 美夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グロッス【George Grosz】
1893~1959 ドイツの画家。ワイマール体制下の資本家・軍人の思い上がりを、絵筆を武器に痛烈に批判した。1933年以降アメリカに移住。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グロッス
ぐろっす
George Grosz
(1893―1959)
ドイツ生まれのアメリカの画家。ベルリンに生まれ、ドレスデンとベルリンの美術学校に学んだ。早くから風刺雑誌に作品を発表し、鋭い現実批判の目で第一次世界大戦中および戦後の社会状況をデッサン、版画、写真モンタージュなどの手法を駆使して告発する。1917年ベルリン・ダダに参加して思想的にはマルキシズムに歩み寄り、25年新即物主義に接近してリアリズムの傾向を強める。32年アート・ステューデンツ・リーグに招かれてアメリカに渡り、37年市民権を取得、晩年までニューヨークで活躍し、ベルリンで死去した。55年自伝『小さなイエスと大きなノー』を発表。[野村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロッス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グロッスの関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.