Rakuten infoseek

辞書

グレートソルト湖【グレートソルトこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グレートソルト湖
グレートソルトこ
Great Salt Lake
アメリカ合衆国,ユタ州の北西部の湖。西半球最大の塩水湖。面積は 1873年および 1980年代中頃の最高水位のとき 6200km2,1963年の最低水位のときが 2460km2。水深は平均 4.5m,最深 11m。ベア川,ウィーバー川,ジョーダン川が流入し,流出河川はない。湖水は高濃度の塩分 (20~27%) を含み,その主成分は塩化ナトリウム硫酸ナトリウム。湖には数種の藻や原生動物,塩水性小エビなどのほか,ほとんど生物は生息しない。湖上には,スタンベリ,アンティロープ,フリーモントの3島があり,アンティロープ島はアメリカ野牛の保護地。 1824~25年にヨーロッパ人が到達し,1840年代から探検,調査が行われた。 1902~03年に湖を横断するサザン・パシフィック鉄道が建設され,湖は南北に分けられた。ヨットハーバーや水泳場がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グレートソルト‐こ【グレートソルト湖】
Great Salt》米国、ユタ州北部の塩湖。面積4660平方キロメートル。湖面標高1282メートル。湖上を大陸横断鉄道が通る。大塩湖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

グレートソルトこ【グレートソルト湖】
アメリカのユタ州ソルトレークシティにある、ミシシッピ以西で最大の湖。この湖がソルトレークシティの名称の由来になった。かつて存在した巨大なボンヌビル湖の名残りで、現在も大きさが変化している塩湖である。流出河川がないため、周囲の山や川から受けたミネラルと塩が濃縮された湖水の塩分含有量は約25%超もあり、海水の約8倍もあるため、製塩業が行われている。面積は約3681km2で琵琶湖の9倍、湖面の標高は1280m、平均水深は4m。◇英名はGreat Salt Lake

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレートソルト湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グレートソルト湖の関連情報

他サービスで検索

「グレートソルト湖」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.