Rakuten infoseek

辞書

グレゴリオ暦【グレゴリオれき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グレゴリオ暦
グレゴリオれき
Gregorian calendar
325年ニケーア宗教会議で,復活祭の日を決定する必要上,春分の日を毎年3月 21日と定めた。しかしユリウス暦を使っていたので,1582年には実際の春分の日は3月 11日になっていた。そこでニケーアの宗教会議の決議を守るため,ローマ教皇グレゴリウス 13世は 82年の 10月5日から 14日までの 10日間を暦日から除き,将来再びこのようなことが起らないために次の置閏法を制定した。すなわち,西年数が4の倍数になる年を閏年とする。ただし 100の倍数の場合,これを 100で除した商が4の倍数でない年は平年とする。たとえば 1700年,1800年,1900年は平年である。この改正によって 400年に3日の閏日が除かれ,1年の平均日数は 365.2425日となった。これをグレゴリオ暦といい,現在にいたるまでなお続けられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グレゴリオ‐れき【グレゴリオ暦】
グレゴリウス13世が、1582年にユリウス暦を改良して制定した暦。現行の太陽暦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

グレゴリオ暦
太陽暦の一つ。現在、世界の多くの国で採用されている暦法。1582年ローマ教皇グレゴリウス13世によって導入された。グレゴリウス暦とも呼ぶ。ユリウス暦同様に、約4年に一度の閏年を設けて調整している。グレゴリオ暦における1年は365.2425日で、ユリウス暦に比べ太陽の運行とのずれが、大幅に縮められた。日本では1873(明治6)年1月1日に太陰太陽暦からグレゴリオ暦に改暦された。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グレゴリオれき【グレゴリオ暦 Gregorian calendar】
現在,世界中のほとんどの国で用いられている太陽暦。西暦年数が4で割り切れる年を閏(うるう)年とするが,100で割り切れる年は100で割った商をさらに4で割って割り切れる年のみを閏年とするというものである。400年につき,1年365日の平年が303年,1年366日の閏年が97年であるから,1年の平均日数は365.2425日となる。1年の長さ(1太陽年)は,理論的には, 365.24219878日-6.14日×10-6×Tで与えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グレゴリオれき【グレゴリオ暦】
1582年グレゴリウス一三世がユリウス暦を改正して制定した太陽暦の一。現在世界のほとんどの国で採用している。日本では1872年(明治5)に採用、同年12月3日を1873年1月1日とした。1年を365日、4年ごとに閏年をおいて366日とするが、このうち400年間に三回ほど閏年とせず平年に戻す。 → 太陽暦ユリウス暦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グレゴリオ暦
ぐれごりおれき
太陽暦法の一種。1582年10月、ローマ法王グレゴリウス13世により施行された。当時使用されていたユリウス暦は1年の平均日数が365.25日であったため、この暦法に従って閏(うるう)日を置いていると、100年間で18時間、1000年で8日近く、実際の季節と相違をきたし、真の春分は暦上の春分よりそれだけ早くなる。16世紀終わりころになると、325年にニカイアの宗教会議で定められた3月21日の春分は3月11日となり、10日も早まった状態となった。ときのローマ法王グレゴリウス13世は、1582年の春分が3月21日となるように10日間を省いて10月4日の次の日を15日とし、将来も相違がおきないようにするため、4年に一度閏年を置いたそれまでの置閏(ちじゅん)法を改め、「西暦紀元年数が4で割り切れる年を閏年とする。ただし100で割り切れる年のうち4で割り切れない年は平年とする。閏日は2月28日の次の日に置く」とした。これをグレゴリオ暦という。この置閏法によると1年の平均日数は
 (365日×303+366日×97)/400=365.2425日となり、100年に0.03日、1万年で3日の違いである。1万年で3日の狂いは実際問題として日常生活の妨げとなるほどのものではない。この改暦にはクラビウスが大いに寄与している。グレゴリオ暦は置閏法が簡明であり、しかもその誤差も小さいので、今日世界の各国で採用している。[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グレゴリオ‐れき【グレゴリオ暦】
〘名〙 一五八二年、ローマ教皇グレゴリウス一三世が制定した太陽暦。西暦年数が四の倍数のときは閏(うるう)年(ただし一〇〇の倍数の年で一〇〇で割った商が四の倍数でないときは閏年としない)とし、他は平年とするもの。今日、世界の標準的な暦法で、日本では明治六年(一八七三)から実施した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレゴリオ暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グレゴリオ暦の関連情報

関連キーワード

アレクサンドリア[古代]破棄差戻しエウセビオス[カエサレア]ネアルコス検査役東方正教会山鹿(市)南阿蘇(村)香港特別行政区日本の漁獲量

他サービスで検索

「グレゴリオ暦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.