Rakuten infoseek

辞書

グレア

デジタル大辞泉

グレア(glare)
まぶしい光。ぎらぎらと輝く光。
光沢。特に、コンピューターのディスプレーなどの表面に施される光沢処理のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

グレア
不快感や物の見えづらさを生じさせるような「まぶしさ」のこと。照明器具の設計や照明計画などにおいて防ぐ事が必須。光源とその周辺との明るさのバランスや、直接光・間接光の別、視線の方向と光源のなす角度などにもよる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーシック関連用語集

グレア
レーシックの手術後、蛍光灯の下などでまぶしく感じたりする現象のことです。人によりますが、半年~1年でほぼ解消すると言われています。 

出典:レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グレア【glare】
物の見え方の良否に影響を与える要因の一つで〈まぶしさ〉のこと。視野の中に部分的に極端に明るいところがあると,見ようとする対象が見にくくなったり,不快を感じたりする現象を指す。逆光で写真を撮る場合,背景に光源が入ると背景ばかり明るく写って肝心の被写体は暗くなる。これは明暗の幅が過大でフィルムの能力を超えるからで,人間の目にも同様の現象が起きる。夜間,対向車前照灯によるグレアで,ドライバーが横断者を見そこなう現象が示すように,周囲が暗いと強いグレアが生ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グレア【glare】
〘生〙 視野における照度の分布が不均等なために、対象が見えにくくなったり、一過性の盲目状態になったりする現象。強い光を見たとき、また水晶体・ガラス体に混濁があるときなどに起こる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

グレア【glare】
ものが見えにくくなるようなまぶしい光。また、視野に極端な輝度の不均衡が生じている場合などに、ものが見えにくくなったり、不快を感じたりする現象。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グレアの関連情報

他サービスで検索

「グレア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.