Rakuten infoseek

辞書

グルニエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グルニエ
Grenier, Jean
[生]1898.2.6. パリ
[没]1971.3.5. ドルーベルヌイエ
フランスの小説家,哲学者。リセ・アルジェ教授 (1923~24,30~39) などを経て,パリ大学文学部教授として美学を担当 (62~68) 。 1926年以後『NRF』誌をはじめ多くの文芸雑誌に執筆。 30年には小説家カミュを生徒としてもち,以後彼に多大の影響を与えた。存在に対する喜びと絶望を簡潔な乾いた文体で記した作品は洗練され,示唆に富み,読者に思索を強いる。主著は,小説『砂礫Les Grèves (55) のほか,随筆集『島々』 Les Îles (33) ,評論『人間性について』 À Propos de l'humain (55) ,『存在の不幸』L'Existence malheureuse (57) ,『現代絵画論』 Essais sur la Peinture contemporaine (59) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

グルニエ【grenier】
屋根裏部屋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルニエ
ぐるにえ
Jean Grenier
(1898―1971)
フランスの作家、思想家。パリに生まれる。幼年時代をブルターニュ地方で過ごす。『ジュール・ルキエの哲学』で学位を取得後、外国およびフランス各地で哲学、文学を教え、1968年パリ大学美術教授を退官するまで、教職にありながら、エッセイ、文芸・美術批評、小説などさまざまなジャンルで活発な執筆活動を行う。雑誌『NRF(エヌエルエフ)』の常連執筆者。その作風は孤高かつ懐疑主義的で、古今東西にわたる深遠な博識と繊細な感受性との絶妙な融合を求める。アルジェの高等中学校(リセ)時代の教え子アルベール・カミュとの師弟愛は有名である。代表作に『地中海の瞑想(めいそう)』(1933)、『孤島』(1933)、『正統性の精神』(1938)、『存在の不幸』(1958)、『アルベール・カミュの回想』(1967)などがある。[西永良成]
『井上究一郎訳『孤島』(1968・竹内書店/改訳新版・1991・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グルニエ(〈フランス〉grenier)
屋根裏部屋。→ロフト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

グルニエ【grenier〈フランス〉】
屋根裏部屋。⇒屋根裏部屋

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルニエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルニエの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門宇宙開発史(年表)マズロー内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.