Rakuten infoseek

辞書

グルタル酸【ぐるたるさん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルタル酸
ぐるたるさん
glutaric acid
飽和の鎖式ジカルボン酸の一つ。1,3-プロパンジカルボン酸またはペンタン二酸ともいう。実験室的には1,3-ジブロモプロパンにシアン化ナトリウムを作用させてグルタロニトリルとし、それを加水分解することにより得られる。化学式HOOC(CH2)3COOH、分子量132.1。酢酸よりやや強い酸である。無色の針状結晶で、融点98~99℃、沸点302~304℃。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶ける。可塑剤の合成中間体として用いる。糖・脂肪などの代謝回路(TCA回路)に関与していて、生物学的にも重要である。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グルタル酸
グルタルサン
glutaric acid

pentanedioic acid.C5H8O4(132.11).HOOC(CH2)3COOH.シクロペンタノールあるいはシクロペンタノンを酸化するか,グルタコン酸水素付加で合成される.実験室的には,1,3-ジブロモプロパンにシアン化カリウムを作用させて,ジニトリルとして加水分解すると得られる.無色の板状結晶.融点97~98 ℃,沸点302~304 ℃,200 ℃(2.7 kPa).水,エタノール,エーテルに易溶.種々の合成高分子用可塑剤の合成原料として用いられる.[CAS 110-94-1]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルタル酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルタル酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.