Rakuten infoseek

辞書

グルタミン酸ナトリウム【グルタミンサンナトリウム】

デジタル大辞泉

グルタミンさん‐ナトリウム【グルタミン酸ナトリウム】
グルタミン酸の二つのカルボキシル基のうちの一つが中和されたモノナトリウム塩。明治41年(1908)池田菊苗が昆布だしのうまみ成分として発見。うまみ調味料などに用いる。グルタミン酸ソーダMSG(monosodium glutamate)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

グルタミン酸ナトリウム
 通常グルタミン酸一ナトリウムうま味調味料として世界で年間100万t以上生産されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐるたみんさんなとりうむ【グルタミン酸ナトリウム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グルタミンさんナトリウム【グルタミン酸ナトリウム】
グルタミン酸一いちナトリウム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルタミン酸ナトリウム
ぐるたみんさんなとりうむ
グルタミン酸ソーダともいう。グルタミン酸のモノナトリウム塩で、二つの酸基のうちいずれかにナトリウムが入ったもの。化学名の略号であるMSG(monosodium glutamate)ともよぶ。1908年(明治41)池田菊苗(きくなえ)が昆布のうま味成分としてグルタミン酸を発見し、翌年、ナトリウム塩を結晶状に分離してうま味調味料「味の素(もと)」として商品化された。初期の製法は小麦グルテンや脱脂大豆タンパクを原料にした分解抽出法であったが、1956年(昭和31)からは協和醗酵(はっこう)工業(現、協和発酵キリン)株式会社が発明した微生物を利用した発酵法が用いられている。[河野友美・山口米子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルタミン酸ナトリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルタミン酸ナトリウムの関連情報

他サービスで検索

「グルタミン酸ナトリウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.