Rakuten infoseek

辞書

グルコース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グルコース
glucose
化学式 C6H12O6。(1) D-グルコース ブドウ糖のこと。グルコースの光学異性体の一つであるが単にグルコースともいう。炭水化物代謝での中心的化合物で,動植物界に広く分布している。工業的にはデンプンの加水分解によって得られる。融点は1水化物で 86℃,無水物で 146.5℃。通常のグルコースは水溶液において 旋光性を示すが,その水溶液は調製してから時間がたつと旋光度が変化し(変旋光),+52.7°で一定値に達する。緑色植物は光合成によりグルコースの重合したデンプンをつくる。高等動物では重合してグリコーゲンとなり貯蔵され,必要に応じグルコースとなり,血液により各組織に運ばれ,エネルギー源として働く。栄養剤,強壮剤,解毒剤として用いられる。甘味料としても用いられる。(2) L-グルコース D-グルコースの異性体。人工的につくられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グルコース(glucose)
単糖類の一。無色の結晶で、甘みがある。D型とL型光学異性体がある。D-グルコースがぶどう糖で、植物では果実中に多く含まれ、蔗糖(しょとう)などの少糖類、でんぷん・セルロースなどの多糖類の成分。動物では血液・リンパ液中に存在する。L-グルコースは人工的に合成される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

グルコース
 C6H12O6 (mw180.16).

 ブドウ糖,デキストロースともいう.自然界に最も多く存在する糖で,多くの生物の主たるエネルギー源となる.グルコースを単糖とする多糖としては,デンプン,グリコーゲン,セルロースなどがある.ヒト血液の正常値は70〜100mg/dl(4〜6mmol/l).

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐるこーす【グルコース】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グルコース【glucose】
炭素数六個の単糖類。化学式 C6H12O6 デンプン・グリコーゲンの加水分解により得られる。水に溶けて還元性を示す。遊離の状態で甘い果実の中に多量に分布し、ヒトの血液中にもわずかに存在する。動植物のエネルギー代謝の中心に位置する重要な物質。葡萄ぶどう糖。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルコース
ぐるこーす
glucose
代表的な単糖で、D型とL型があり、天然に存在するのはD型で、ブドウ糖ともよばれる。グルコースは白色の粉末で甘味があり、水によく溶ける。水溶液にエタノール(エチルアルコール)を加えても沈殿しない。アルカリ性ではそのアルデヒド基のために還元性をもち、アンモニア性硝酸銀の銀イオンを還元して遊離の銀とする銀鏡反応を示す。また、グルコースは動物、植物いずれにおいてもエネルギー代謝の中心に位置する重要な物質である。
 なお、高等植物の細胞壁の主成分はセルロースであるが、これはグルコースからなる多糖の一種であり、地球上でもっとも多量に存在する生体高分子とされている。
 グルコースの関与する代謝経路は複雑であるが、高等動物では次のような経路がとくに重要である。まず、グルコースがリン酸化されたのちに各種の中間体を経て2分子のピルビン酸にまで分解される過程があり、これを解糖系とよぶ。酸素が十分にあればピルビン酸はさらにクエン酸回路を経て完全に酸化され、二酸化炭素と水になる。この全過程を通して放出されるエネルギーのうち、グルコース1モル当り約270キロカロリーがATPのエネルギーとしてとらえられ、他の生体反応のために利用される。これはグルコースが完全燃焼するときに放出するエネルギーの約40%に達する高い効率である。グルコースはまたペントースリン酸回路によって分解され、核酸合成の原料となるリボースや脂質代謝などに必要なNADPH(還元型ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸)を生産する。オキザロ酢酸を経てグルコースをつくりだす反応もあり、糖新生とよばれる。グルコースはその重合体であるグリコーゲンの形で肝臓や筋肉などに貯蔵される。グリコーゲンの生合成と分解の系は、これまた重要な代謝系である。このようなグルコースが関与する代謝系は、その反応速度がホルモンなどにより厳しく統制されていて、生体の置かれた環境にもっとも適したエネルギー代謝が行われる仕組みとなっている。ヒトの血液は約0.1%のグルコースを含む。このグルコースは血糖ともよばれるが、その由来は、小腸から消化吸収されたものと、肝臓のグリコーゲンが分解されて動員されたものである。また、その運命は、おもに肝細胞に回収されてグリコーゲンとして蓄えられるか、他の組織の細胞に吸収されて利用されるかのいずれかである。肝臓は血糖の量を調節するダムの役目をするわけであるが、このために肝細胞の膜はグルコースを自由に出入りさせられるようになっている。他の組織の細胞がグルコースを取り込むためには、インスリンの存在が必要である。糖尿病でインスリンが欠乏すれば、グルコースの利用が抑制されて血糖値が高くなる。
 高等植物の光合成において最終生産物はグルコースであるが、これはただちにデンプンに合成されて蓄えられる。なお、果実などには遊離のグルコースも含まれる。[村松 喬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グルコース
〘名〙 (glucose) 代表的な単糖類の一つ。化学式 C6H12O6 甘味のある斜方晶系柱状結晶。最も重要な糖で、D型およびL型の光学異性体があり、D型だけが天然に存在する。D‐グルコースを単にグルコース、ブドウ糖ともいう。高等動物の各組織のエネルギー源となるほか、工業的には医薬品、食品の甘味剤、染色・皮なめしなどの還元剤、発酵工業原料、分析試薬などに広く用いられる。右旋糖(うせんとう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルコース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルコースの関連情報

関連キーワード

D-フルクトース果糖ガラクトース実験式フルクトースヘキソースアルコール発酵イノシット解糖果糖

他サービスで検索

「グルコース」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.