Rakuten infoseek

辞書

グリーグの家【グリーグのいえ】

世界の観光地名がわかる事典

グリーグのいえ【グリーグの家】
ノルウェー南西沿岸、フィヨルド観光の拠点ともなっている港町ベルゲン(Bergen)市街の南の郊外、フィヨルドに面したトロルハウゲン(Troldhaugen)にある、同国の作曲家グリーグ(Edvard Hagerup Grieg、1843~1907年)が晩年を過ごした家。トロルハウゲンの町の名称は、北欧神話や伝承に登場する「妖精トロルが住む丘」という意味を持つ。この家は、トロルハウゲンの木立ちに囲まれた山荘風の住居で、現在は博物館になっていて、グリーグにまつわる資料や、彼が生きた時代のベルゲンに関する歴史展示などが行われている。ベルゲン市街で5人兄弟の第4子として生まれたグリーグは、42歳のときから1907年に64歳で亡くなるまでの22年間を、ニーナ夫人とともにこの家で過ごした

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリーグの家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリーグの家の関連情報

他サービスで検索

「グリーグの家」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.