Rakuten infoseek

辞書

グリュクスボー朝【グリュクスボーちょう】

世界大百科事典 第2版

グリュクスボーちょう【グリュクスボー朝 Glücksburg】
1863年以来のデンマークの王朝。オレンボー家(1448‐1863)の一分家で,1863年嗣子のないデンマーク王フレゼリク7世の死後,王位を継承した。配偶者がフレゼリク7世の従妹にあたることによって1852年のロンドン条約に基づいて王位継承権保有者となったクリスティアン公は,クリスティアン9世(在位1863‐1906)を名のり,当王朝の開祖となった。長男は後のフレゼリク8世として王位を継ぎ,長女アレクサンドラは後のイギリス王エドワード7世と結婚,次男ウィルヘルムはギリシア王位に就き(ゲオルギオス1世),次女ダウマーはロシア皇帝アレクサンドル3世と結婚し,王家としての名は高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

グリュクスボー朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリュクスボー朝の関連情報

関連キーワード

グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎ハッパー

他サービスで検索

「グリュクスボー朝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.