Rakuten infoseek

辞書

グリセルアルデヒド

大辞林 第三版

グリセルアルデヒド【glyceraldehyde】
三個の炭素原子をもつ単糖類の一。化学式 C3H6O3 水・アルコールに可溶な無色シロップ状液体。不斉炭素原子一個をもつ最も簡単な糖であるため、糖類の立体構造を D 体と L 体に区別する基準とされる。グリセリンアルデヒド。グリセロース。 → D 体( ABC 略語) L 体( ABC 略語)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

グリセルアルデヒド
 C3H6O3 (mw90.08).

 唯一のアルドトリオース立体異性体の基準となる.3位がリン酸エステル化されたグリセルアルデヒド 3-リン酸は解糖ペントースリン酸回路代謝中間体

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グリセルアルデヒド
グリセルアルデヒド
glyceraldehyde

glycerose.C3H6O3(90.08).トリオースの一種.不斉炭素原子1個をもつのでD-グリセルアルデヒドとL-グリセルアルデヒドの光学異性体がある.両者は光学活性のあるもっとも簡単な糖であるので,単糖類の立体配置を決める基本化合物となっている.D-グリセルアルデヒド3-リン酸は,光合成,解糖,発酵などの生体内反応の中間体として現れる.1,2:5,6-ジ-O-イソプロピリデン-D-マンニトールの四酢酸鉛酸化または過ヨウ素酸酸化後,酸で保護基を除くとD-グリセルアルデヒドが得られる.シロップ状.+13.5°(水).水,エタノールに易溶.甘味がある.室温でフェーリング液を還元し,塩化鉄(Ⅲ)反応,シッフ試薬との反応,カルバゾール反応はいずれも陽性である.希アルカリで容易に一部はL-グリセルアルデヒド(エピマー化)やジヒドロキシアセトンに異性化し,さらにアルドール縮合を受けてDL-フルクトース.DL-ソルボースなどを生成する.L-グリセルアルデヒドは-13.8°(水).DL-グリセルアルデヒドはグリセリンを鉄(Ⅲ)塩の存在下,過酸化水素での酸化,アクリルアルデヒドジエチルアセタールを過マンガン酸カリウムで酸化後加水分解するなどの方法で得られる.融点145 ℃.1.455.エタノール,エーテルに可溶,水に微溶.2分子間で容易に環状ヘミアセタール化して無味,無色の針状晶(融点142 ℃)を生成する.酸性でフロログルシノールと結晶性の沈殿物をつくり,ジオキシアセトンと区別される.[CAS 367-47-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリセルアルデヒド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリセルアルデヒドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.