Rakuten infoseek

辞書

グリコシド結合

栄養・生化学辞典

グリコシド結合
 ヒドロキシル基が他の糖やアルコールのヒドロキシル基と反応して脱水してできる結合

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グリコシド‐けつごう〔‐ケツガフ〕【グリコシド結合】
水酸基アルコールや他の糖などの有機化合物の水酸基が反応し、水1分子が取れて縮合してできる共有結合総称配糖体結合

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐりこしどけつごう【グリコシド結合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

グリコシド結合
グリコシドケツゴウ
glycoside linkage

環状構造の糖のヘミアセタール,またはヘミケタールヒドロキシ基の水素を,アルキル基やアリール基で置換することによってつくられる結合.アルドースの場合をアルドシド結合,ケトースの場合をケトシド結合とよぶ.エーテルと同様にC-O-C結合であるが,グリコシド結合はアセタール結合であるため,酸に対して不安定である.一般に,ピラノシド結合はフラノシド結合より安定であり,アルドシド結合はケトシド結合より安定である.アルカリ性ではかなり安定で,通常,熱フェーリング液中でも分解されない.グリコシド結合のO原子が,N,S,Cなどに置換されたグルコシル誘導体をN-,S-,C-グリコシドとよぶが,それらの性状はO-グルコシドとは異なる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリコシド結合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリコシド結合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.