Rakuten infoseek

辞書

グランダルシュ

デジタル大辞泉

グラン‐ダルシュ(Grande Arche)
フランス、パリ西郊の都市再開発地区、ラデファンスにある超高層ビル。その門のような形状から、日本では新凱旋門とも呼ばれる。ルーブル宮殿からコンコルド広場、凱旋門を結ぶ延長線上に位置し、同地区のシンボル的な建物として知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

グランダルシュ【グランダルシュ】
フランスの首都パリ近郊の都市再開発地区(副都心)、ラデファンス(La Defense)にある超高層ビル群の一つ。側面と内部が全面ガラス張りのほぼ立方体をした建物(幅108m、高さ110m、奥行き112m)で、真ん中に巨大な空間があり門のような形になっている。一見モニュメントのように見えるが、超高層のオフィスビルである。こうした門のような形をしていることと、カルーゼル凱旋門とエトワール凱旋門の2つの門の延長線上に位置していることから、日本では「新凱旋門」とも通称されている。この建物の最上階(35階)には展望台があり、パリの新しい観光名所になっている。◇現地名は「Le Grande Arche de la Defense」。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランダルシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランダルシュの関連情報

他サービスで検索

「グランダルシュ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.