Rakuten infoseek

辞書

グラックス

デジタル大辞泉

グラックス(Gracchus)
(Tiberius Sempronius~)[前162~前133]古代ローマの政治家。護民官として土地所有の改革を行ったが、反対派に暗殺された。
(Gaius Sempronius~)[前153~前121]古代ローマの政治家。遺志を継ぎ、土地穀物市民権改革立法を進めたが失敗し、自殺した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

グラックス【Gracchus】
Tiberius Sempronius G. 前163~前133 古代ローマの政治家。護民官となり、大土地所有の制限と土地の再分配による中堅農民層の再建を図ったが、反対派に暗殺された。
Gaius Sempronius G. 前153~前121 古代ローマの政治家。の弟。兄の遺志を継ぎ、護民官として改革を推進。元老院権限の縮小を図ったが失敗、内乱の中で自殺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グラックス
[一] (Tiberius Sempronius Gracchus チベリウス=センプロニウス━) ローマの政治家。(二)の兄。護民官となり、土地占有の制限と自作農の再建とを含む新土地法を成立させたが、その後、反対派に殺害された。(前一六二頃‐前一三三
[二] (Gaius Sempronius Gracchus ガイウス=センプロニウス━) ローマの政治家。(一)の弟。護民官となり、兄の遺業を継いで土地問題の解決、市民権賦与の拡大をはかり、また元老院の勢力を弱めようと試みて失敗、自殺した。(前一五三‐前一二一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラックスの関連情報

関連キーワード

グラックス兄弟グラックス[兄弟]グラックス兄弟グラックス兄弟ティベリウスネロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.