Rakuten infoseek

辞書

グスマン【ぐすまん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グスマン(Martn Luis Guzmn)
ぐすまん
Martn Luis Guzmn
(1887―1976)
メキシコの小説家。メキシコ大学で法律を学ぶが革命勃発(ぼっぱつ)とともに革命軍に加わり、パンチョ・ビージャの秘書を務める。革命後の指導者争いでビージャ敗北後は新聞などの特派員として渡欧。帰国後『エル・ムンド』紙を創刊。議員にもなるが政権交代でふたたび渡欧し、スペインの諸紙に寄稿。帰国後『ティエンポ』誌を創刊。作品には激動期のメキシコや指導者たちの権力闘争を描いた『鷲(わし)と蛇』(1928)や『領袖(りょうしゅう)の影』(1929)といったメキシコ革命小説の代表作、『パンチョ・ビージャの思い出』(1938~51)、メキシコ独立戦争に参加したスペイン人闘士『ナバラの英雄、ミーナ・エル・モーソ』(1932)などの評伝がある。[安藤哲行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グスマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グスマンの関連情報

他サービスで検索

「グスマン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.