Rakuten infoseek

辞書

グエル公園【グエルこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グエル公園
グエルこうえん
Parque Güell
実業家 E.グエル伯の依頼によって A.ガウディが設計した庭園都市。 1900年から 1914年にかけて計画,建設された。バルセロナ市街を展望する丘の中腹 15万m2の敷地に,一戸建て住宅を中心とする分譲住宅地をつくる計画であったが挫折し,今日のような公園となった。その結果,ガウディは入口の門衛所と事務所,中央の大階段と市場にあてられるはずであった多柱室,ギリシア劇場と呼ばれる広場,遊歩道をつくるにとどまった。広場は波打つような曲線を描くベンチで縁どられ,そこには陶器やタイルの破片がびっしりと張りつめられ,ユニークな文様を描き出している。遊歩道の傾斜する柱や壁面はドラマチックな構成をみせる。ガウディの非凡な才能をよく示している代表作の一つ。 1984年グエル邸カサ・ミラとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グエル‐こうえん〔‐コウヱン〕【グエル公園】
Parc Güell》スペイン北東部の都市バルセロナにある公園。1900年から1914年にかけて建造。もとは建築家アントニオ=ガウディが実業家エウセビオ=グエル伯爵による依頼で分譲住宅として設計。住宅は2戸のみ完成。グエル伯爵の没後、市に寄贈され公園になった。1984年に「バルセロナのグエル公園、グエル邸カサミラ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。2005年の拡張登録の際、「アントニオガウディの作品群」に名称変更された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

グエル公園
バルセロナ市街北部の山の手にある公園で、鬼才ガウディが生涯をかけて築き上げた建築物群があります。ガウディのスポンサーであったグエル伯爵の構想により、分譲住宅としてガウディが設計を行いました。伯爵の死去によって工事は中断し、結局、門の部分と入口の建物しか完成しませんでしたが、公園内にはガウディの世界が広がっています。オブジェやキノコを思わせるあずまや、波打つベンチ、斜めになった回廊など、公園内のいたるところでガウディのイマジネーションが炸裂し、見る者を不思議な世界へと導いてくれます。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界の観光地名がわかる事典

グエルこうえん【グエル公園】
スペイン北東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)に残る、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudíy Cornet、1852~1926年)の作品群の一つ。同市北部の市街を見下ろす小高い丘の上にある。施主のエウゼビ・グエル伯爵の依頼を受け、広場、道路などを含めてガウディが手がけた分譲住宅地で、1900~1914年の間に60軒の住宅が建設された。しかし、あまりにも独特なデザインのため買い手がつかず、結局売却できたのはガウディ本人とエウゼビ・グエル伯爵が購入した2軒だけで、グエル伯爵の没後、工事は中断され、公園として市に寄贈された。オブジェやキノコのような東屋(あずまや)、波打つベンチ、斜めになった回廊など、ガウディの世界が広がっている。また、ガウディが一時期住んだ家がガウディ記念館として公開されている。サグラダファミリアをはじめ、バルセロナのガウディの作品とともに、世界遺産に登録されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グエル公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グエル公園の関連情報

他サービスで検索

「グエル公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.