Rakuten infoseek

辞書

クーロンの法則【クーロンのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クーロンの法則
クーロンのほうそく
Coulomb's law
電気力および磁気力に関する法則。 1785年 C.A.deクーロンによって見出された。電気量あるいは磁気量がそれぞれ点電荷または点磁荷に働く力は,電気量または磁気量の相乗積に比例し,その間の距離の2乗に反比例し,またその力の方向は点電荷同士あるいは点磁荷同士を結ぶ直線上にあるとする法則。真空中では,比例定数が電気で 1/4πε0 ,磁気で 1/4πμ0 である。ただし ε0 は真空の誘電率,μ0 は真空の透磁率である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーロンの法則
クーロンのほうそく
摩擦の法則」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クーロン‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【クーロンの法則】
二つの電荷間または磁極間にはたらく力は、距離の2乗に反比例し、両方のもつ電気量または磁気量の積に比例するという法則。1785年、クーロンが発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クーロンのほうそく【クーロンの法則 Coulomb’s law】
(1)静電気力の基礎法則 同符号の二つの電荷は斥力を及ぼし合い,反対符号の電荷は引力を及ぼし合う。電荷が静止している場合には,この力の大きさFは二つの電荷の間の距離rの2乗に逆比例し,それぞれの電気量q1およびq2に比例する。式で書けば,kを比例定数として,と表される。これをクーロンの法則と呼び,静電気力のことをクーロン力ともいう。1785年C.A.deクーロンが発見したことからこの名があるが,彼以前にもJ.プリーストリー(1767),H.キャベンディシュ(1772)によって見出されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クーロンのほうそく【クーロンの法則】
静電気力に関する法則。二つの電荷の間にはたらく静電力は、両電荷を結ぶ直線上にあり、その大きさは電気量の相乗積に比例し、距離の2乗に反比例する。
磁気力に関する法則。二つの磁極間にはたらく磁気力は両磁極を結ぶ直線上にあり、その大きさは、磁極の強さの相乗積に比例し、磁極間の距離の2乗に反比例する。 〔 の静電力・磁気力は、電荷・磁極が同種のときは反発力、異種のときは引力となる〕
摩擦に関する法則。摩擦力は、接触面積・物体の速さに関係せず、垂直抗力に比例する。アモントンの法則。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クーロンの法則
くーろんのほうそく
Coulomb's law
電荷と電荷との間に働く電気力の大きさ・向きに関する法則。1785年クーロンによってみいだされた。二つの点電荷の間に働く電気力は、それらを結ぶ線上に働き、その向きは同種の電荷間では反発力、異種の電荷間では引力となる。力の大きさは、電荷間の距離の2乗に反比例する。数式的には

と表される。この力をクーロン力とよぶ。この法則は、電荷と電荷とが直接に力を及ぼし合う遠隔作用論の立場の表現になっている。電荷が力を受けるのは電荷の周囲の電界(電場)であるという近接作用論的な立場では、この法則は、電荷の周囲にどんな電界が発生するかという形に書き直される。それがガウスの定理である。電界の中に一つの閉曲面をとったとき、その閉曲面を内側から外側へ貫く全電束数は、その閉曲面で囲まれる全電荷量に等しい。[山口重雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クーロン の 法則(ほうそく)
フランスのクーロンが発見した物理法則。
① 電気力に関する法則。二つの点電荷の間に働く力は、両電荷を結ぶ直線に平行で、大きさは両電荷量の積に比例し、両電荷間の距離の二乗に反比例する。また、電気が同種ならば反発力、異種ならば吸引力である。一七八五年に発見。
② 磁気力に関する法則。二つの点磁極の間に働く力は、両磁極を結ぶ直線に平行で、大きさは両極の強さの積に比例し、両極間の距離の二乗に反比例する。一七八五年に発見。
③ 摩擦力に関する法則。最大摩擦力は、接触面積の大小にかかわりなく、接触面の垂直な荷重だけに比例する。一七七九年に発見。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーロンの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クーロンの法則の関連情報

関連キーワード

ベルトレ三ツ峠山産業革命稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

他サービスで検索

「クーロンの法則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.