Rakuten infoseek

辞書

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街【クヴェートリンブルクのせいどうさんじかいきょうかい、しろときゅうしがい】

世界遺産詳解

クヴェートリンブルクのせいどうさんじかいきょうかい、しろときゅうしがい【クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街】
1994年に登録された世界遺産(文化遺産)。クヴェートリンブルクはドイツ中部ザクセン・アンハルト州の都市。ハルツ山地の北に広がり、町をボーデ川が流れる。商業都市として栄え、中世には東フランケン公国の首都だった。12世紀に建造された聖セルヴァティウス修道院聖堂にはハインリヒ1世の墓地がある。息子の神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世は、10世紀にクヴェートリンブルク城を整備拡張し、帝国の宮殿とした。旧市街には14世紀からの歴史をもつ古い木組みの家が1200軒以上保存されていて、その美しい景色は壮観である。中世の歴史を伝える町並みが保存されていることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はCollegiate Church, Castle, and Old Town of Quedlinburg

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫[各個指定]工芸技術部門トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一コス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.