Rakuten infoseek

辞書

クンディナマルカ州【クンディナマルカ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クンディナマルカ〔州〕
クンディナマルカ
Cundinamarca
コロンビア中部の州。州都ボゴタアンデスの東部山脈中部にあり,西はマグダレナ川によってかぎられる。大部分は標高 2400~2700mの涼しい山間盆地からなるが,西部は暑く乾燥したマグダレナ川河谷となる。山間盆地は排水が悪いが肥沃で,乳牛の飼育と,果樹穀物の栽培が行なわれる。人口稠密な山地斜面ではコーヒー栽培が盛ん。古くからインディオチブチャ族の文化が栄えた土地で,その首都のあった地に 1538年建設されたボゴタは,植民地時代にはヌエバグラナダ地方の中心都市,のちコロンビアの首都となり,交通上不利な山間にありながら,同国の経済,文化,政治の中心地としての地位を保っている。現在同市は州都を兼ねてはいるが,1955年隣接区域とともに州から分離され,ボゴタ特別区 (面積 1587km2) を構成。州内には落差 157mのテケンダマ滝や,黄金郷エルドラドの伝説の発祥の地として知られるグアタビタ湖などがあり,近年観光業も発展しつつある。面積2万 2623km2。人口 165万 8751 (1992推計,ボゴタを除く) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クンディナマルカ州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クンディナマルカ州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.