Rakuten infoseek

辞書

クローン牛【クローンうし】

世界大百科事典 第2版

くろーんうし【クローン牛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クローン牛
くろーんうし
親と同じ遺伝情報をもつウシで、1996年にイギリスで作出されたクローン羊「ドリー」と同じように成体(大人)の体細胞から生まれたものと、従来の受精卵分割・核移植によるものとがある。技術的には受精卵クローン牛のほうが古く、1987年アメリカで初めて誕生し、日本では90年(平成2)に誕生した。その後、実用化技術として一部のウシの生産に活用されている。日本でも食肉用としては1993年から、牛乳用としては95年から出荷されている。一方、成体の体細胞からクローンを作出する(体細胞クローン)技術の開発は、1990年代に活発化した。日本では優良家畜の生産にクローン技術を利用するためのプロジェクトが、国や地方自治体の研究機関、民間企業で活発に進められた。その結果1998年7月、近畿大学と石川県で、成体のウシの体細胞を使ったものとしては世界初のクローン牛が誕生した。その後、各地で体細胞クローン牛がつぎつぎに誕生しているが、さらに死産などの発生率や誕生後に死亡する子牛数の低減などの技術的課題に関する研究も続いている。この体細胞クローン技術による家畜の作出技術の開発には、欧米諸国も積極的であり、ウシ以外の哺乳(ほにゅう)動物へも応用されている。クローン牛では、すでに肉質など品質のよいウシの安定生産が可能である。さらにウシ以外では、クローンのブタやヤギも誕生している。2008年現在の課題は、クローン牛やブタの食用としての利用について、「食の安全性」の側面からの検討である。2008年1月、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、「クローン牛やブタは、従来から流通しているウシやブタと同様に食用として安全である」という判断を下した。2008年4月1日、日本の厚生労働省は、「クローン牛やブタの食用としての安全性について」、食品安全委員会に健康影響について評価するように諮問した。[飯野和美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クローン牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クローン牛の関連情報

他サービスで検索

「クローン牛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.