Rakuten infoseek

辞書

クロロホルム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロロホルム
chloroform
CHCl3 。別名トリクロルメタン吸入麻酔薬の一つで,1847年スコットランドの産科医 J.シンプソンが最初に無痛分娩のため使用した。無色透明液体で,揮発性が強く,独特の甘い臭いがあって不燃性,比重は約 1.5で水には溶けず,エーテルアルコールリポイドには溶ける。初期の全身麻酔薬として外科学史上では有名であるが,臓器毒性があるため,最近では医薬品として用いられていない。一般に溶解能が高いので溶媒として用いられるほか,フッ素樹脂の原料,分析試薬としても用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クロロホルム(chloroform)
エーテル臭をもつ無色透明の液体。メタン塩素ガスで塩素化して作る。揮発性があり、蒸気は甘味を帯びる。フレオンの合成原料、溶剤などに用いる。以前は吸入麻酔薬に用いられた。化学式CHCl3 クロロフォルム。トリクロロメタン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

クロロホルム
 CHCl3 (mw119.38).揮発性の液体で,古くは麻酔に用いられた.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クロロホルム【chloroform】
メタンCH4の3個の水素原子を塩素原子で置換した化合物。トリクロロメタンともいう。化学式CHCl3。融点-63.5℃,沸点61.2℃。無色透明,揮発性かつ不燃性の液体で,特有な香気を有する。比重1.4985(15℃)で水より重く,また水にはほとんど混ざらないため下に沈む。アルコール,エーテルなどの一般有機溶剤とはよく混和する。酸には安定であるが,アルカリにはあまり安定でない。強アルカリの作用で脱塩酸し,ジクロロカルベン:CCl2を発生する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クロロホルム【chloroform】
無色揮発性で甘いような特有のにおいのある液体。化学式 CHCl3 メタンを塩素と反応させてつくる。有機化合物の溶剤、フロンの原料。以前は外科手術の吸入用麻酔剤として使われた。トリハロメタンの主成分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロロホルム
くろろほるむ
chloroform
脂肪族塩素化合物の一種で、トリクロロメタンともいう。エタノール(エチルアルコール)またはアセトンと次亜塩素カルシウムとの反応によって得られる(ハロホルム反応)。この塩素化にはさらし粉が用いられる。工業的にはメタンの塩素化により合成している。甘い芳香をもつ無色の液体で揮発性がある。液体のクロロホルムは不燃性であるが、蒸気は燃える。空気中で光により徐々に分解して猛毒のホスゲンCOCl2を生成する。
  2CHCl3+3(O)
   ―→H2O+2COCl2+Cl2
この反応はエタノールにより防止できるので、市販のクロロホルムには通常0.5~1%のエタノールが添加されている。光による酸化分解を防ぐために、褐色の瓶に入れ冷暗所に保存する。工業的にはフッ素樹脂の原料であるクロロジフルオロメタンの製造などに使われている。水道水の殺菌の際に塩素を用いると水中の有機物(フミン質)との反応によりクロロホルムが生成するので、その発癌(はつがん)性が問題となっていて排出が規制されている。規制は水質汚濁防止法などに基づいて行われていて、厚生労働省令では水質基準値を0.006mg/Lと定めている。[廣田 穰]

医薬用

歴史的な吸入麻酔剤で、心臓、腎臓(じんぞう)、肝臓を障害するほか、麻酔後の悪心(おしん)や嘔吐(おうと)も多く、ほかによい吸入麻酔薬が出現したことから現在では麻酔にほとんど使用されず、抽出用溶媒や分析試薬として用いられるにすぎない。なお、イギリスでは癌(がん)性疼痛(とうつう)の緩和用に使われるコカイン・モルヒネ混液(ブロンプトンミクスチャー)にクロロホルム水として使用されている。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クロロホルム
〘名〙 (chloroform) メタンの水素原子三個が塩素と置換したもの。化学式 CHCl3 揮発性が強くエーテル臭をもつ無色透明の液体。麻酔作用があり劇薬。麻酔剤・鎮静剤・塗擦料などの医薬品、フレオン・弗素樹脂などの製造原料、分析試薬、溶剤・天然物などの抽出分離剤など広く用いられる。トリクロルメタン。
※経済小学家政要旨(仮名付)(1877)〈永峰秀樹訳〉一二「迷蒙水(メイモウスヰ)(〈注〉コロロホルム)四匁一分五厘明礬八厘七毛硫酸莫爾比涅(モルヒネ)五厘二毛を混和(かきま)ぜ綿布に浸して痛歯に当つ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

クロロホルム
クロロホルム
chloroform

trichloromethane.CHCl3(119.38).エタノール,アセトアルデヒドアセトンなどに,さらし粉あるいは次亜塩素酸ナトリウムを作用させてつくられる.屈折率の大きい,不燃性の揮発性液体.ほとんどの有機溶媒と任意にまざる.融点-63.5 ℃,沸点61.2 ℃.1.484.1.4467.比誘電率4.806(20 ℃).蒸気は甘味をもち,麻酔作用がある.日光および大気中の酸素の作用により徐々に分解し,有害なホスゲンを生じるので,着色瓶に密栓して貯蔵する必要があり,市販品には普通0.5~1% のエタノールが安定剤として加えてある.大量に吸入すると,血圧降下,呼吸低下などにおちいる.また,発がん性が疑われている.抽出溶媒,フッ素樹脂の原料,分析試薬などとして広い用途をもつ.LD50 800 mg/kg(ラット,経口).[CAS 67-66-3]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロロホルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロロホルムの関連情報

関連キーワード

塩化窒素トリハロメタン有機化合物結合角脂肪族化合物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.