Rakuten infoseek

辞書

クロソイド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロソイド
clothoid
オイラーのスパイラルコルニュのスパイラルともいう。 L.オイラーによって発見され (1744) ,また M.コルニュ (1841~1902) が光学における回折現象を幾何学的に表現するために用いた曲線で, sin (x2) , cos (x2) の積分値を座標とする曲線である。この曲線は,その曲率変化の性質から,高速道路カーブをつける場合にも利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クロソイド(clothoid)
螺線(らせん)の一。曲線の長さと曲率半径とが逆比例する、渦巻き形の曲線。1744年オイラーが発見、M=コルニュが物理光学回折現象の幾何学的表現として用いた。コルニュの螺線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クロソイド【clothoid】
フレネル積分,を考えるとき,媒介変数uを用いて,で表される曲線をクロソイドという。弧長がsである点における曲率がa2/sである曲線はクロソイドの一部をなす。コルニュM.A.Cornu(1841‐1902)が,物理光学における回折現象の表現のためにこの曲線を用いたので〈コルニュのらせん〉とも呼ばれる(図)。一定の速さで走る車のハンドルを一定の角速度で回転したとき,この車の走る道筋はこの曲線になる。そのためこの曲線の一部が高速道路などに応用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クロソイド【clothoid】
物理光学における回折現象の幾何学的表現のためにコルニュ(M. A. Cornu1841~1902)が用いた曲線。曲線の長さと曲率半径とが逆比例する渦巻き形の曲線。定速で走行中の車のハンドルを一定の速さできりこんでいく時、この車が走る道筋がちょうどこの曲線になる。そのため、高速道路のカーブにこの曲線の一部が利用される。コルニュの螺線。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロソイド
くろそいど
clothoid
平面曲線の一つ。コルニュCornuの螺線(らせん)ともよばれる。これは、媒介変数sを使って、

で表される。このとき、sは原点から測った曲線の長さであり、その点における曲率半径をρとすれば、ρs=2aという関係がある。
 この曲線上を定速で走る車については、進行方向の変化率が一定となるので、運転者はハンドルを一定の角速度で回せばよい。このため、この曲線は高速道路のカーブの所の曲線として、しばしば用いられる。[竹之内脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロソイド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロソイドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.