Rakuten infoseek

辞書

クロスベルト

デジタル大辞泉

クロスベルト(crossbelt)
肩から斜めに、または、2本を十文字に掛ける肩帯。
二つの車の間に8の字形に掛けたベルト。また、そのようなベルトの掛け方。これにより二つの車は互いに反対方向に回転する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

クロスベルト
ハーネスの左腿付近から右カラビナに、右腿付近から左カラビナにそれぞれクロスする様に装着するベルトのこと。片翼潰れなどが起こり、体重が潰れた側に傾こうとする動きを、クロスしたベルトのテンションで防止する事が出来る。バンピーなコンディションでは翼端潰れからのスパイラルスピンの軽減に有効で直進飛行も安定する。逆にクロスに効いたテンションはウエイトシフトを阻害して、クイックなターンが出来なくなる。また、過度なテンションは両サイドのカラビナを接近させ、スピンに入ってしまった場合、ツイストに陥り易くもなる。クロスベルトはその時のコンディションに合わせ調整する事が望ましい。最近のハーネスはクロスベルトと同じ効果を持たせたABSのチェストベルトが標準化されクロスベルト付きの物はほとんどなくなった。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

クロスベルト【crossbelt】
肩から斜めに、あるいは二本を胸で交差させて掛ける肩帯。
二つの車が互いに逆の方向に回るように、 8 の字形に交差させて掛けたベルト。また、そのかけ方。たすき掛けベルト。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスベルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロスベルトの関連情報

他サービスで検索

「クロスベルト」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.