Rakuten infoseek

辞書

クロウメモドキ科【クロウメモドキか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロウメモドキ科
クロウメモドキか
Rhamnaceae
双子葉植物クロウメモドキ目の1科。約 60属 900種があり,全世界に分布するが特に乾燥地に多い。大半は低木で,高木やつる性の種類もある。とげをもつものが多い。葉は単純形で,複葉や裂葉となることはない。花は小型で花序をなし,通常は両性花萼片花弁とも5または4枚。おしべはこれらと同数で,基部花盤がよく発達し,花弁が細い足 (舷部) でこの花盤につく。子房は1室または数室で熟すと乾果となり,開裂するものとしないものとがある。中国原産のナツメ (棗)は古くから薬用食用に栽培されてきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろうめもどきか【クロウメモドキ科】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロウメモドキ科
くろうめもどきか
[学]Rhamnaceae
双子葉植物離弁花類。落葉または常緑の木であるが、つる性となるものもある。枝あるいは托葉(たくよう)の変形した刺(とげ)をつけるものが多い。葉は単葉で分裂しない。花は小形で放射相称をなすので、集散花序か円錐(えんすい)花序につく。花盤が発達するので、ニシキギ科に似るが、クロウメモドキ科は雄しべが花弁と対生するので異なる。果実は核果か翼果。世界に広く分布し45属550種がある。日本にはクロウメモドキ、ケンポナシなど6属17種が分布し、ナツメが栽培される。[門田裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロウメモドキ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロウメモドキ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.