Rakuten infoseek

辞書

クリープ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリープ
creep
(1) 土地の表層部がゆるやかな速さで斜面上をすべり下る現象山地の傾斜面に生えたスギの木などで,直立した根もとが下方にひどく湾曲しているのはこの現象のためである。 (2) 石炭坑道,隧道などの岩盤地圧のため押出す盤ぶくれの現象。岩盤が粘土質で,水を含むときにしばしば生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリープ
creep
固体に一定応力を加えたままにしておくとき,経過時間とともにひずみが増大する現象。金属材料では結晶面ずれによる塑性変形が,また高分子材料では粘弾性挙動が主因になって起る。金属材料にある温度で静応力を負荷する場合,応力が高いほど,単位時間あたりのクリープ速度 (ひずみの増加速度) が大きく,ある応力をこえれば時間の進行とともに遷移クリープ定常クリープ加速クリープの各形態が現れる。加速クリープが開始されると,一般には短時間で破断が起きるため,加速クリープの開始点までを解析対象とすることが多い。比較的高いサイクルの繰返し応力が加わるときにも,繰返し数とともにひずみが増加する。この現象を動クリープという。高温では疲れと合せて考える必要がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリープ
creep
ころがり軸受において,回転軸内輪がゆるくはめられている場合に,しばしば内輪が軸回転方向とは逆方向に滑る運動がみられる。外輪についても同様な現象が生じ,これらをころがり軸受のクリープという。広義には回転方向と無関係に,はめあい面において駆動側が相手に対して駆動方向に滑ることを含めていうことがある。軸受面の発熱と摩耗が著しくなれば事故につながる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クリープ(creep)
(人・動物・虫などが)腹ばいになって這って動くこと。
乗り物がのろのろと進むこと。特に、オートマチックトランスミッションを搭載する車両などで、エンジンがアイドリングの状態でアクセルを踏まなくても徐々に前へ進む現象のこと。クリープ現象摺り足現象這い出し現象
物体外力を加えたとき、外力は一定していても、その物体の変形が時間とともに徐々に増加してゆく現象。クリープ現象。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

クリープ
塑性変形が一定応力のもとで時間とともに増加する現象.金属,セラミックス,コンクリート,高分子物質などに多い.熱振動の助けによって進行する変形に対してはすべての場合に見られる現象である[長倉ほか : 1998].岩石または個々の結晶のゆっくりした変形で,変成岩などのように長時間にわたって相対的に低い圧力が作用した場合に起こる.ホルムスは地学関係で次のような場合に用いた[Holmes : 1965].(1) 物質の破片が重力のために目に見えないくらいゆっくりと滑り降りること.一般にはsolifluctionという語よりも用いられる.このような例には土壌や岩屑のクリープなどがある.(2) 固体の物体が弱いストレスを長期に連続して受けた場合の変形.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

クリープ
 物体に力を加えると,時間とともにひずみの度合が大きくなる.この現象.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

クリープ
森永乳業株式会社が販売する乳製品の商品名。牛乳を使用。コーヒー用のクリームパウダー。ビン入りタイプ、袋入りタイプ、個包装スティックタイプ、ポーションタイプなどのほか、カロリーを抑えた「クリープライト」がある。種類別表記は「乳等を主要原料とする食品」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クリープ【creep】
一般に物体に力(応力)を加えると,物体は変形し,力が一定に保たれれば変形量も一定となるのがふつうである。しかし一定の応力下でも,時間の経過とともに変形量が増加することがある。この現象をクリープという。クリープを起こす過程は三つの期間に区別して考えられる。最初一定の力をかけた瞬間に材料には弾性的な伸びが生じ,続いてわりに速い塑性変形が起こるが,塑性変形の速さはだんだん遅くなり,ついにほぼ一定の速さで変形が進むようになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クリープ【creep】
はうこと。ゆっくり動くこと。
応力が一定でも、物体の塑性変形が時間とともに増加する現象。温度が高いほど、また応力が大きいほどその変形速度は速い。プラスチックなどの高分子物質に顕著にみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クリープ
くりーぷ
creep
一定の大きさの力が加わっているとき、時間の経過とともに材料の変形が増大していく現象。たとえば、ゴム紐(ひも)におもりを結び付けてつり下げると、ゴムは瞬間的に伸びるが、そのまま放置しておくと、時間がたつにしたがってゴムは徐々に伸びていく。このような現象はプラスチックなどで顕著に現れるが、鉄鋼、銅などの金属材料、またコンクリートなどでもおこる。金属材料などでは常温ではほとんど感知できないが、高温、高荷重の場合には無視できない。金属などが高温で荷重を受けるときには、最初のうち、ひずみは時間とともに急速に大きくなり、次の段階でひずみの時間的変化はほぼ一定となり、最後にひずみが急速に進み、ついに破断する。最初の部分を第1期クリープ、次の段階を第2期クリープ、最後のところを第3期クリープという。ロケットエンジンのように高温のもとで運転されるものについては、設計段階でクリープを考慮する必要がある。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリープ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリープの関連情報

他サービスで検索

「クリープ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.