Rakuten infoseek

辞書

クリーク【くりーく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

クリーク(水路)
くりーく
creek
デルタ(三角州)その他の低湿地につくられた人工的水路。日本の佐賀平野や中国の揚子江(ようすこう)・珠江(しゅこう)、インドシナ半島のメコン川、タイのチャオプラヤー川のデルタにみられる。これらの低湿地帯の開拓史をみるとクリークが人工的に掘られたことがわかり、ほとんどの集落へはクリークが通じ、物揚げ場がつくられ、各家は小舟をもっている。クリークは灌漑(かんがい)、排水や交通(舟運)に使われ、底の泥土は肥料とされ、生産と生活の両面に大きく利用されている。[浅香幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリークの関連情報

他サービスで検索

「クリーク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.