Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

クリスプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリスプス
Crispus Caesar, Flavius Julius
[生]?
[没]326. ポラ
ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝)長子。 317年副帝となり,ガリアを名目上支配した。 V.リキニウスと戦いヘレスポントス海戦に勝つ。父とともにローマで大帝即位 20年祭を祝ったが,大帝の命令で殺された。原因は継母ファウスタを誘惑しようとしたからだといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クリスプス【Flavius Julius Crispus Caesar】
?‐326
ローマ皇帝。在位,副帝317‐326年。コンスタンティヌス1世の長子。その第1の妻ミネルウィナの唯一の子。少年時はガリアでラクタンティウスの教育をうけた。317年に副帝となり,父に対立した東方のリキニウスの軍とヘレスポントスで戦い,海戦に勝利した。しかし性格が粗暴だったといわれ,そのゆえにか父と不和になり,父帝登位20年祭の前に処刑された。【松本 宣郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クリスプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリスプスの関連情報

関連キーワード

取締役アルセロールキティホーク名古屋証券取引所新城市の路線バス合理的配慮宮蘭フェリー冠辞考Mpc

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.