Rakuten infoseek

辞書

クリスチャン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリスチャン
Christian, Charlie
[生]1919. テキサスダラス
[没]1942.3.2. ニューヨーク
アメリカのジャズ・ギタリスト。オクラホマに育ち,15歳でプロ活動に入る。 1939年 B.グッドマンコンボに参加して注目を集め,短い生涯であったがめざましい活躍をみせた。モダン・ジャズ・ギターの開祖

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クリスチャン(Christian)
キリスト教信者キリスト教徒。「クリスチャンネーム」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリスチャン【Christian】[人名]
(4世)[1577~1648]デンマーク王・ノルウェー王。在位1588~1648。内外に積極策を実施したが、対外戦争に敗れ、バルト海への支配権を失った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クリスチャン【Charlie Christian】
1919‐42
アメリカの黒人ジャズ・ギター奏者。ジャズの初期以来,リズム・セクションの目だたぬ一員にすぎなかったギターが,彼の登場によって吹奏楽器と肩を並べるソロ楽器となった。1939年評論家J.ハモンド推薦でベニー・グッドマン・コンボに加わり,当時珍しかったアンプ付きの電気ギターを用い,サックスのようにアドリブした。彼の新鮮なハーモニー感覚はグッドマン・コンボのレパートリーにも大きな変化をもたらした。41年退団。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クリスチャン【Christian】
キリスト教の信者。キリスト教徒。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クリスチャン
くりすちゃん
Charlie Christian
(1916―1942)
アメリカのジャズ・ギター奏者。テキサス州ダラスでトランペット奏者の父親とピアニストの母親の間に生まれる。兄弟も楽器を演奏する音楽一家で、5歳のときオクラホマ・シティに移住。はじめは父親の影響もあってトランペットを吹いていたが、12歳のときにギター、ベースを演奏するようになる。15歳になると地元のクラブでギターを弾き、このころテナー・サックス奏者レスター・ヤングの影響を受ける。1934年にプロ・ミュージシャンとしてデビューしたが、そのときはベース奏者としてであった。35年にギブソン社からエレクトリック・ギターが発売され、時をおかずしてクリスチャンもエレクトリック・ギターを使用する。
 38年、ピアニストのアル・トレントAl Trent(1905―59)のセクステットに参加し独創的なスタイルを創出、中西部の傑出したギタリストとして注目される。その演奏を聴いた、評論家でレコーディング・プロデューサーでもあるジョン・ハモンドJohn Hammond(1910―87)の仲介によって、39年に「キング・オブ・スウィング」と呼ばれたクラリネット奏者ベニー・グッドマンのセクステットに、破格の高給で採用される。
 40年、マンハッタンのハーレム地区に開店したジャズ・クラブ「ミントンズ・プレイハウス」では、ミュージシャン目当ての客を集めるために、ジャズマンに無料で食事を提供するサービスを行った。そこでは他のクラブでの演奏が終わったミュージシャンたちが、仕事を離れ自由に技を競った。これを「アフター・アワーズ・ジャム・セッション」というが、そのセッションから、後にジャズの革命と呼ばれたビ・バップが起こる。クリスチャンはこの深夜のジャム・セッションに参加し、スウィングからビ・バップへとジャズが大きく変化していく動きのただ中に参入した。その模様は、41年に録音された『ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン』で知ることができるが、クリスチャンのプレイはモダン・ジャズ・ギター奏法の始まりともいうべき極めて斬新なものだった。しかしこのころから麻薬に浸り、また過度の飲酒癖も加わって健康を害し、風邪がもとで42年に亡くなる。
 クリスチャンはジャズ史上もっとも早い時期にエレクトリック・ギターを使用し、ジャズにおけるギターの位置づけを変えた。彼がジャズ・シーンに登場した30年代はビッグ・バンド・ジャズの全盛期で、そのなかに占めるギターの役割は低かった。音量も小さく、同時に複数の弦を奏し、コードとリズムを表現するにとどまるギターは脇役であり、ソロ楽器とは見なされていなかった。クリスチャンは電気増幅装置の力も借り、力強いシングル・トーンでトランペットやサックスのような(「ホーンライク」な)表現を行った。これによってギターもまたジャズにおける主要な楽器と見なされるようになる。彼が出入りした「ミントンズ・プレイハウス」では、トランペット奏者のディジー・ガレスピー、ドラム奏者のケニー・クラークKenny Clarke (1914―85)など、後のビ・バップ運動の重要人物が実験的な試みを行っており、クリスチャンは彼らとともにジャズの改革に寄与した。[後藤雅洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クリスチャン
〘名〙 (Christian) キリスト教の信者。キリスト教徒。
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉一一「実に真成のクリスチャンに成きってしまって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリスチャン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリスチャンの関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ三・一独立運動

他サービスで検索

「クリスチャン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.