Rakuten infoseek

辞書

クラーゲス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラーゲス
Klages, Ludwig
[生]1872.12.10. ハノーバー
[没]1956.7.29. チューリヒ
ドイツの哲学者,心理学者。生の哲学者として知られているが,他方で近代表現学の確立に努め,1919年チューリヒのキルヒベルクに表現学研究所を設立。また性格筆跡との関係について研究し,性格学と筆跡学とを体系化した。主著『筆跡学の諸問題』 Die Probleme der Graphologie (1910) ,『性格学の基礎』 Die Grundlagen der Charakterkunde (26) ,『生の敵対者としての神』 Der Geist als Widersacher der Seele (3巻,29) ,『表現学の基礎理論』 Grundlegung der Wissenschaft vom Ausdruck (36) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クラーゲス【Ludwig Klages】
1872‐1956
ドイツの哲学者,心理学者。ハノーファーに生まれ,ミュンヘン大学などで化学,物理学,哲学を学んだが,しだいに広義の心理学研究に専念した。1897年〈ドイツ筆跡学学会〉,1905年〈表現学ゼミナール〉を開設し,筆跡学,性格学,表現学の創始者となったほか,ニーチェに連なる生の哲学者,J.J.バッハオーフェンの再評価者としても知られる。主要著作には《宇宙生成のエロス》(1922),《リズム本質について》(1923),《筆跡学入門》(1924),《心の抗争者としての精神》全3巻(1929‐32)がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クラーゲス【Ludwig Klages】
1872~1956 ドイツの哲学者・心理学者。表現についての人間的探究を背景に性格構造論を展開し、性格の精細な体系的分類を行うとともに、独自の筆跡学を樹立した。著「表現学の基礎」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラーゲス
くらーげす
Ludwig Klages
(1872―1956)
ドイツの哲学者、心理学者。ハノーバー生まれ。ミュンヘン大学に学ぶ。1905年ミュンヘンに表現学研究所を設立(1919年チューリヒ郊外キルヒベルクに移転)。筆跡学、性格学、表現学の独自の体系化を試み、学問的レベルへと高めたが、これらの学の根底にはドイツ・ロマン主義の伝統を引く生の形而上(けいじじょう)学がある。彼によれば、霊魂、自然、生は精神、自我、理性と対立し、無時間的、抽象的理解を行う精神は生を阻害するものであり、この点から理性信仰を説くヤスパースらと対立する。霊魂の生命力を中心に据え、これらの運動は身体を通して「表現」されると考え、ここから性格に関する詳細な科学的分類と体系化を行った。筆跡学もこの思想の具体的な展開である。主著に『筆跡学の諸問題』(1910)、『宇宙論的愛』(1922)、『生の敵対者としての精神』(1929)、『表現学の基礎理論』(1936)などがある。[小池英光]
『L・クラーゲス著、千谷七郎・詫摩武元訳『性格学の基礎』(1957・岩波書店) ▽千谷七郎訳『表現学の基礎理論』(1964・勁草書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラーゲス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラーゲスの関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.