Rakuten infoseek

辞書

クラリネット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラリネット
clarinet
楽器の一種。シングル・リード木管楽器移調楽器で,変ロ調とイ調が今日一般に使われる。 18世紀初期にシャリュモーから改良された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クラリネット(clarinet)
管楽器の一。1枚のリードをもつ縦笛型の楽器で、豊かな音色、広い音域をもつ。音域の違いにより種類が分かれる。クラリオネット

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クラリネット【clarinet】
シングル・リードを用いて鳴らす管楽器の一種。民俗音楽関係の記述などでは,シングル・リードの管楽器の総称として〈クラリネット〉ということもある。 ニュルンベルクの楽器製造家J.C.デンナーが1700年前後,シャリュモーという楽器を改良して2鍵を付したのに始まる。管の主要部は円筒管を成す。さまざまな大きさや調子で作られるが,今日基準的なのはソプラノ相当で変ロ調の楽器であり,半音低いイ調の楽器もクラシック系で重要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クラリネット【clarinet】
木管楽器の一。一枚リードの円筒管で、まろやかな音色と広い音域をもつ。音域により数種にわかれる。クラリオネット。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラリネット
くらりねっと
clarinet英語
Klarinetteドイツ語
clarinetteフランス語
clarinettoイタリア語
シングルリード(単簧(たんこう))の木管楽器の一種。他の木管楽器の多くが円錐(えんすい)管であるのに対し、円筒管で、閉管振動をするため偶数次倍音をもたないという音色上の特徴をもち、また広い音域を特徴とする。しかし、それが運指の複雑さにもつながっている。ただし、わずかに円錐状の管のものもある。シングルリードの管楽器は古代からあったとされるが、クラリネットの直接の前身は17世紀のシャリュモーchalumeauであるといわれている。その欠点(オーバーブローイングができず、音域が狭い)を解消するために、ドイツのデンナーJ. C. Dennerによって1700年ごろつくられたのがクラリネットである。クラリネットの名称は、中高音がクラリーノ(小型のトランペット)に似ているところからつけられたといわれる。
 クラリネットには、ピッコロ・クラリネットからコントラバス・クラリネットまで多くの種類があるが、もっともよく用いられるのは、ソプラノ・クラリネットのB♭管とA管である。B♭管は全長約67センチメートル、内径約15ミリメートルで、D3~B♭6の4オクターブ弱の音域をもつ。A管はB♭管よりやや長めで、音域は半音低い。また、B♭管よりも1オクターブ低い音域のバス・クラリネットや4度高いE♭ソプラニーノ・クラリネットもしばしば用いられる。キー・システムでは24音孔、17鍵(けん)、6リングのいわゆるベーム式またはフランス型がもっとも一般化している。これは、1840年ごろオーギュスト・ビュッフェLouis-Auguste Buffetとヤサーント・クローゼHyacinthe Klosが、ベーム式フルートのシステムを応用して開発したものである。また、すでに1810年ごろには、ミュラーI. Mllerによって、現在のドイツ型クラリネットの基礎となる13鍵の楽器がつくられていた。ベーム式はキー・システムが合理的で運指に有利であるが、音色の点でドイツ型を使用している奏者も少なくない。概して、ドイツ型は中高音は美しいが、低音の響きに弱さをもつ。近年それを補うための改良も行われている。
 この楽器を管弦楽中に初めて使用したのはファーバーJ. A. J. Faberのミサ曲(1720年代)においてであるといわれる。そして18世紀中ごろマンハイム宮廷楽団に常備されたのを皮切りに、しだいに一般化し、数多くの名手を生んだ。モーツァルトは、クラリネット奏者シュタードラーAnton Stadler(1753―1821)との交友関係から『パリ交響曲』(1778)、オペラ『イドメネオ』(1781)、そして彼の唯一の『クラリネット協奏曲イ長調』(1791)などの傑作を書き、ウェーバーは奏者ベルマンHeinrich Joseph Brmann(1784―1847)のために三つのクラリネット協奏曲(1811)を作曲。ブラームスもクラリネット五重奏曲(1891)を奏者ミュールフェルトのために作曲している。20世紀になるとクラリネットはジャズにも用いられ、ベニー・グッドマン、アーティ・ショーArtie Shaw(1910―2004)ら多くの名奏者を輩出している。[前川陽郁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クラリネット
〘名〙 (clarinet) 木管楽器の一つ。金属製、象牙製のものもある。先端が朝顔状に開いた細長い円筒管で、一枚のリードと多数の穴と鍵をもつ。変ロ調とイ調の二種あり、透明で多彩な音色はモーツァルトに愛用されて以来、管弦楽でも重要なパートを占める。クラリオネット。
邪宗門(1909)〈北原白秋〉朱の伴奏・狂人の音楽「クラリネットの槍尖よ、曲節のひらめき緩く、また急(はや)く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラリネット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラリネットの関連情報

他サービスで検索

「クラリネット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.