Rakuten infoseek

辞書

クラウジウスの定理【クラウジウスのていり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラウジウスの定理
クラウジウスのていり
Clausius' theorem
熱力学系が任意のサイクルを経て変化するとき,サイクルを一回りする間に系が得る換算熱量総和は一般に負となり,可逆サイクルのときだけゼロとなる。これをクラウジウス定理という。この定理はカルノーの定理を拡張したものであり,熱力学第二法則の1つの表現である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

クラウジウスの定理【Clausius' theorem】
任意の熱サイクルにおいて,dQ熱量の無限小変化とすると,次の式が成り立つ.

等号が成立するのは可逆サイクルの場合のみであり,不可逆サイクルの場合は常に不等号となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウジウスの定理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラウジウスの定理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.