Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

クム(錦)江【クムこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クム(錦)江
クムこう
Kǔm-gang
韓国の中央西部を流れる川。全長 401kmで,韓国で3位の長さである。流域面積 9866km2。チョルラプク (全羅北) 道の東部,チャンス (長水) 郡にあるソベク (小白) 山脈の1峰から流れ出して,ノリョン (盧嶺) 山脈との間を北に向い,チュンチョンプク (忠清北) 道に入ってノリョン山脈を横切る。チュンチョンナム (忠清南) 道に入り,ミホ (美湖) 川を合せて南西に向きを変え,チョルラプク道との境界をなしてファン (黄) 海に入る。上流は山地を嵌入曲流するが,中・下流には平野が発達。特に下流域はホナム (湖南) 平野の北部にあたり,韓国の主要な穀倉地帯の一つである。ミホ川との合流点付近まで航行に用いられる。流域は古くは百済の中枢地域であって,中流にのぞむコンジュ (公州) 市とプヨ (扶余) 邑はともに国都のおかれた地。河口は溺れ谷をなし,南岸に発達したクンサン (群山) 港は,李氏朝鮮時代から日本の統治期を通じて,米の積出港として知られた。支流のテジョン (大田) 川にのぞんでテジョン直轄市,ミホ川の支流にのぞんでチョンジュ (清州) 市が立地する。クム江はペンマ (白馬) 江とも呼ばれ,河口は白村江の戦いの地といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クム(錦)江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クム(錦)江の関連情報

関連キーワード

確定拠出年金(日本版401k)確定拠出年金日本版401kプラン確定拠出年金確定拠出年金給付建て掛け金建て確定拠出型の企業年金マッチング拠出よんまるいちケー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.