Rakuten infoseek

辞書

クマタケラン【くまたけらん】

世界大百科事典 第2版

くまたけらん【クマタケラン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クマタケラン
くまたけらん / 熊竹蘭
[学]Alpinia formosana K.Schum.
ショウガ科(APG分類:ショウガ科)の多年草。茎は高さ1、2メートル、葉は数枚、葉身は無毛で表面に光沢があり、長さ50~70センチメートル、幅8~12センチメートル、基部は長い鞘(さや)に続く。包葉は長さ1~1.5センチメートル。花期は7、8月で、花序は総状で直立し、無毛。花は長さ2.5~3センチメートル、白色で唇弁の内側に紅斑(こうはん)がある。暖地の林下または林縁に群生する。九州南部、沖縄、台湾に自生し、栽培もされる。アオノクマタケランA. intermedia Gagnep. はこれより小さく、包葉は長さ5~7ミリメートル、花は長さ2センチメートルで唇弁に紅斑がない。伊豆諸島、紀伊半島、四国、九州に自生し、中国にも分布する。[清水建美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマタケラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クマタケランの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.