Rakuten infoseek

辞書

クノイダル波

海の事典

クノイダル波
浅水を波形を変えずに伝わる有限振幅の波で、波形がヤコビの楕円関数 cn の自乗で表されることからクノイダル波と呼ばれる。波高が水深に匹敵するほど大きくなると、非線形効果で峰の部分の進行速度が他の部分に比べ速くなり、波 が変形する傾向を持つ。しかし、アーセル数が1のオーダーであると、峰の部分の曲率の効果とが相殺して、変形しない波の解がでる。クノイダル波の波長を増 大させた極限として孤立波が得られる。 (永田

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クノイダル波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クノイダル波の関連情報

他サービスで検索

「クノイダル波」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.