Rakuten infoseek

辞書

クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市【クトナーホラ せいバルバラきょうかいとセドレツのせいぼマリアだいせいどうのあるれきしとし】

世界遺産詳解

クトナーホラ せいバルバラきょうかいとセドレツのせいぼマリアだいせいどうのあるれきしとし【クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市】
1995年に登録された世界遺産(文化遺産)。クトナー・ホラは、チェコ中部、首都プラハの東方にある町。13世紀後半に銀山が発見され、ここに町がつくられ、14世紀にはボヘミア王国の王室の造幣所が置かれ、プラハに次ぐ王国第2の都市として繁栄した。しかし、この銀山はフス戦争(1419~1436年)や三十年戦争(1618~1648年)により荒廃し、18世紀末には廃坑となり、町も次第に衰退していった。この町の旧市街(歴史地区)には、現在、かつて繁栄した時代の建築物の遺構が残されている。市街にある聖バルバラ教会は、鉱山労働者の守護聖人である聖バルバラ(バーバラ)を記念して建設された後期ゴシック様式の大聖堂である。イタリア宮殿(イタリアン・コート)とも呼ばれていた旧王宮は、かつて王国造幣局が置かれていたブラシュスキー・ドブール宮殿で、産出する銀を使って銀貨を鋳造していた。旧市街北東郊外のセドレツ(セドリック)地区にある聖母マリア大聖堂は、12世紀に建設されたシトー派の修道院に併設された教会堂である。現存する教会堂は18世紀初めにバロック様式で改築されたものである。◇英名はKutná Hora:Historical Town Centre with the Church of St Barbara and the Cathedral of Our Lady at Sedlec

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市の関連情報

関連キーワード

黒人問題高松伸モスクワニコラス ケイジエマ トンプソンサンクト・ペテルブルグ坂茂平山郁夫[各個指定]工芸技術部門五木寛之

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.