Rakuten infoseek

辞書

クック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クック
Cook, Donald
[生]1901
[没]1961
アメリカの俳優ボードビルを経て,洗練された喜劇俳優として活躍。代表作『パリ行き』 Paris Bound (1927) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック
Cook, James
[生]1728.10.27. ヨークシャー,マートンインクリーブランド
[没]1779.2.14. ハワイ,ケアラケクア湾岸
イギリスの探検家。通称キャプテン・クック。貧しい家に生れ若年にして船乗りになる。 1755年海軍に入り,68年ロイヤル・ソサエティが企てた金星観測のための太平洋探検の際,『エンデバー・バーク』号の艦長となり第1回航海に出発。タヒチの北の群をロイヤル・ソサエティにちなんでソシエテ諸島と命名。ニュージーランドに向ってクック海峡を見出し,イギリスオーストラリア領有を宣言。インド洋を経て帰国 (1771) し,西回りの世界周航を成就。次いで 72年の第2回航海では南緯 71°10′まで南極圏を航海し,ニューカレドニア島ノーフォーク島など多数の島々を見出して帰国 (75) 。南極大陸について明らかにした功績により大佐に昇進し,ロイヤル・ソサエティからメダルを授けられた。 76年の第3回航海では,北アメリカ太平洋岸の探検を目的とし,クック諸島クリスマス島,サンドウィッチ (ハワイ) 諸島を見出し,ベーリング海峡から北極海に入り,北緯 70°44′まで達したが,帰途ハワイで先住民との紛争に巻込まれ,非業の最期をとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック
Cooke, Jay
[生]1821.8.10. オハイオ,サンダスキ
[没]1905.2.18. ペンシルバニア,オゴンツ
アメリカの金融業者。南北戦争の際北軍の戦費調達に活躍。 1861年フィラデルフィアに銀行を開業ペンシルバニア州のために 300万ドルの戦時ローンを発行。 62年連邦務省の特別代理人として5億ドルの債券売却に従事し,65年には8億 3000万ドルの銀行券を売払った。戦後 70年にはノーザン・パシフィック鉄道建設に融資を企てたが,73年の金融恐慌襲来により失敗。 80年までに借財を返済し再び財産を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック
Cooke, Rose
[生]1827
[没]1892
アメリカの女流作家詩人。旧姓 Terry。ニューイングランドの田園生活を扱った地方色豊かな作品が多い。短編集に『幸福なドッド』 Happy Dodd (1878) ,『ニューイングランドの山で集めたハックルベリー』 Huckleberries Gathered from New England Hills (91) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック
Coke, Sir Edward
[生]1552.2.1. マイルハム
[没]1634.9.3. ストークポージェンス
イギリスの法律家。コークとも呼ばれる。法務長官,民訴裁判所や王座裁判所の首席裁判官を歴任。コモン・ローの解釈をめぐって,王権神授説に立ち解釈権を主張するジェームズ1世と対立し,法律家・司法権の独立を唱え続けた。 1621年下院議員になったが国事犯として9ヵ月間投獄され,以後,下院において国王反対派の指導者として活躍する。権利請願の起草者でもあり,彼の王権との闘争史はアメリカ合衆国憲法にも影響を与えた。王権との闘争の間にベーコンエルズミアらと激しく対立したことは有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クック(James Cook)
[1728~1779]英国軍人・探検家。通称キャプテン=クック。1768年からの3回の世界周航で、太平洋東回り航路を開拓し、英国の太平洋方面進出の基礎を築く。諸島の発見・確認など地理上の功績が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック(Kuk)
パプアニューギニアニューギニア島中東部、高地地方にある農業遺跡。マウントハーゲンの北東約20キロメートル、標高約1650メートルに位置する。約1万年前よりタロイモバナナなどが栽培された形跡があり、世界最古の農業遺跡の一つとされる。また、現在までの農業の変遷をたどることができる稀有(けう)な例として知られ、2008年に「クックの初期農業遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック(cook)
コック」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

クック
広島県広島市で開催された1994年アジア競技大会(夏季)の大会マスコット。ハトモチーフで「ポッポ」とのペアキャラクター

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クック【Edward Coke】
1552‐1634
イギリスの法律家,政治家。1578年弁護士となり,89年に下院議員に当選,92‐94年法務次官,93年下院議長,94‐1606年法務長官と重職を歴。このころまでのクックは,国王大権の強い支持者としてカトリック教徒や政治犯に厳しく対処していた。1606年に人民訴訟裁判所首席裁判官に任ぜられると(1613まで),コモン・ローの至上性の強い主張者となり,以後国王,宗教裁判所,衡平法裁判所など国王大権および非コモン・ロー裁判所に対して,コモン・ロー,コモン・ロー裁判所の優位を主張し続ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クック【James Cook】
1728‐79
イギリスの探検航海者。太平洋の地理的全貌は彼によってほぼ明らかにされた。通称キャプテン・クック。ヨークシャーに生まれ,1746年に見習水夫となったのち,55年に海軍に身を投じた。63‐67年,ニューファンドランド島の沿岸測量に従事し,その成果によって海軍軍人としてのみならず,科学者としての高い評価をえた。その後,ローヤル・ソサエティ要請により3回にわたって太平洋の探検航海を試みた。第1回航海(1768‐71)では,タヒチ島で金星の太陽面通過を観測したのち,ニュージーランドの沿岸を測量し,またオーストラリア東岸を〈発見〉した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クック【Jay Cooke】
1821‐1905
アメリカの金融業者,鉄道業者。オハイオ州生れ。1839年から銀行に勤務し,61年ジェー・クック商会を設立した。サーモン・チェース財務長官と交際があったことから,南北戦争の戦費のための政府債の発行業務の任に当たり,それに成功して財と名声をえた。戦後,有力金融業者としてノーザン・パシフィック鉄道の建設に乗り出したが,73年破産し,これが73年恐慌の発端となった。のち,ユタ州における鉱山業の成功によって債務から解放された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クック【Pieter Coecke van Aelst】
1502‐50
フランドルの画家。タピスリー,ステンド・グラスの下絵画家,建築理論家。アールスト生れ。ファン・オルレイに師事した後,イタリアに旅行し1525年帰国。27年アントワープで自由親方に登録。33年コンスタンティノープルへ旅行(死後1553年に,木版画シリーズ《トルコ人の風俗と流儀》が出版される)。多くの祭壇画にフランドル・マニエリスム様式を導入。高い教養の持主であった彼は,ウィトルウィウスの《建築十書》の要約セルリオの《建築論》のオランダ,フランス語訳を行い,49年のフェリペ2世のアントワープ訪問を記念した《勝利の入場》などを出版。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クック【Thomas Cook】
1808‐92
イギリスの旅行代理業者。熱心な禁酒論者で,1841年禁酒運動の大会へ同志団体旅行させたのを皮切りに旅行斡旋業をはじめた。51年のロンドン万国博覧会で大成功を収めたうえ,海外旅行にも事業を拡大,現在,全世界の主要地に支店を置く世界屈指の旅行社トマス・クック・アンド・サン社となっている。同社は1873年《ヨーロッパ鉄道(および連絡船)時刻表兼旅行ガイド》を発刊,現在は全世界の鉄道時刻表を発行している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くっく【クック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クック【cook】
コックに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック【Cook】
James C. 1728~1779 イギリスの軍人・探検家。1768年から三回太平洋方面の大航海を行い、未知の海域・島を明らかにした。また、オーストラリアの領有宣言を行うなど、その後のイギリスの太平洋方面進出の基を築いた。キャプテンクック。
Thomas C. 1808~1892 イギリスの旅行代理業者。1841年、禁酒法大会参加者のために特別列車を仕立てたのを機に旅行会社を設立、旅行業を創始。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クック
〘名〙 (cook) =コック
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「此の外に厨夫(クック)が幾人居るか、地下の料理場に居る許りで、出て来たことがない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック
[一] (James Cook ジェームズ━) イギリスの海洋探検家。ハワイ諸島、クック諸島、ソシエテ諸島などを探検。ニュージーランド、ニューギニアがオーストラリアと分離した島であることを確認した。キャプテン‐クック。(一七二八‐七九
[二] (Thomas Cook トーマス━) イギリスの旅行代理業者。禁酒大会の参加者のために列車を借り切って割安で乗れるようにしたのを機に旅行会社を設立。ホテルや列車の予約を代行するなど今日的な旅行業を創始した。(一八〇八‐九二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

クック
James Cook
1728〜79
イギリスの探検家
通称キャプテン=クック。海軍にはいり,英仏植民地戦争に北アメリカで活躍した。1768〜79年の3回にわたる太平洋航海で,ニュージーランド・オーストラリア・南太平洋諸島・南極圏・ベーリング海峡などを踏査してイギリス進出の足がかりを作った。1778年ハワイを「発見」し,サンドウィッチ諸島と命名するが,その地の紛争中,島民に殺された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クックの関連情報

関連キーワード

新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二ニューヨーク・ヤンキース[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広森一生シカゴ・ホワイトソックス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.