Rakuten infoseek

辞書

クサントス-レトーン【クサントスレトーン】

世界遺産詳解

クサントスレトーン【クサントス-レトーン】
1988年に登録された世界遺産(文化遺産)。クサントスとレトーンはそれぞれトルコ南部の町で、海洋民族リュキア人の古代都市遺跡がある。地中海に面し商業で発展したが、ペルシア、マケドニア、ギリシア、ローマに侵略され、最後のローマの攻撃で壊滅した。古代ギリシア人やローマ人がクサントスについて書き残しており、往時の動静が今に伝えられる。クサントス-レトーンにはローマ時代の遺構なども残されており、劇場、教会、葬祭塔、神殿などの遺跡がある。古代の文化や文明の姿を知る手がかりが残されていることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はXanthos-Letoon

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサントス-レトーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クサントス-レトーンの関連情報

関連キーワード

キェシロフスキ[各個指定]工芸技術部門高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子本州四国連絡橋井上光晴コロミーナソ連崩壊と東欧の歴史的変革

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.