Rakuten infoseek

辞書

ギャラリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギャラリー
gallery
建築用語。 (1) 西欧の世俗建築における部屋と部屋を結ぶ廊下の機能を兼ねる長大な部屋。催し物娯楽,絵画・彫刻の展示に用いられたことから,(a) 娯楽を目的とする空間,(b) 絵や彫刻を鑑賞するための通廊や広間,(c) 美術館や画商の店,などの意味が生れた。 (2) 大ホールに接合したバルコニー。祭りや宗教儀式の際に楽隊,合唱隊をおいたり,聖堂では聴衆を説教台近くに収容するために,2階部分から突き出して設置。劇場の場合は舞台を馬蹄形に囲む水平の張出し席を数層に重ねた客席部分をさす。 (3) ゴシックの聖堂建築の側廊の上階で身廊に対して開いている部分。 (4) 建物間をつなぐ屋根におおわれた通路部分。たとえば道路に沿う列柱廊修道院回廊など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ギャラリー(gallery)
《「ガレリー」とも》
回廊。廊下。
美術品の展示場。画廊。
劇場の天井桟敷。
ゴルフ・テニスなどの試合の、観客

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

ギャラリー
美術作品を展示するスペースのこと。画廊。美術館と比べて、かなり小さく、入場料も取らないのが一般的。大きくは、市町村等が運営する公共的なギャラリーと民間の商業的なギャラリーに分けられ、民間の商業的なギャラリーは、画廊側が選択した作品を展示する「企画画廊」とスペースを一定期間ごとに作家に貸す「貸画廊」に分けられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギャラリー【gallery】
広間と通路を兼ねた細長い部屋ないし廊下で,さまざまな機能と形態をもつ。柱列等により側面が開放され,建物の2階より上の外または内側に張り出して設けられる場合が多い。教会堂では,身廊へ向かって開く側廊上の階上席をさすが,これはできるだけ多くの会衆を収容するための付属席として発達し,東西両キリスト教会の大聖堂,教会建築内部の重要な構成要素となった。バシリカ式教会堂のギャラリーは特にトリビューンとよばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ギャラリー【gallery】
回廊。長廊下。
美術品を陳列するための部屋。画廊がろう
ゴルフ・テニスなどの観客。また、観客のいる場所。
教会・劇場などのホールで、壁から突き出た席。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ギャラリー
ぎゃらりー
gallery英語
Galerieドイツ語
galerieフランス語
本来の意味は、建物の外側の歩廊、回廊をいうが、アレクサンドロス大王の時代に、収集した美術品をそこに並べたところから、美術品の展示場をいうようになった。正確にはart galleryあるいはpicture galleryである。今日でも、ギャラリーは天井桟敷(てんじょうさじき)とか、さらに見物人・傍聴人などの広い意味で用いられているが、美術の世界では、この世界特有のことばとなっている。通常それは美術館内の各室、もしくは美術商の展示スペースを意味するが、ロンドンやワシントンのナショナル・ギャラリーのように、大小美術館の名称そのものとなっているところもあり、それはアレクサンドロス大王時代の用法である。
 19世紀末に近代的な意味での画商が成立して以来、そこにはギャラリーが設置されて、取扱い作家の作品を絶えず展示する習慣が生まれ、社会的な意味をもつに至った。作家にとっては作品発表の不可欠な場所であり、愛好者にとっては作家を知る重要な場所となり、そこからさまざまのドラマが生まれ、歴史がつくられた。
 日本でも、江戸時代の寛政(かんせい)期(1789~1801)に京都東山で書画会が催されたのを先駆例として、美術展示の必要が徐々に高まった。東京に常設的な展示場が設けられたのは20世紀初頭の1903、04年(明治36、37)で、その後、大正初年にかけて、近代的な画商が誕生するとともに、ギャラリーも設けられた。ただし、ギャラリーを「画廊」と訳すようになったのは大正10年代である。
 多くの画商は画廊をもつが、そうでない業者もある。反対に画廊を営むが美術品売買をしない業者もある。[瀬木慎一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギャラリー
〘名〙 (gallery)
① (多くは画商が)美術品の展示、陳列に用いる部屋。画廊。ガレリー。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉倫敦日記「忘れ得られぬ趣のある印象派流のポートレートを我が記憶のガラリーの中の所有物となし得たのを」
※炎の人(1951)〈三好十郎〉二「ギャラリイを開いて、この、絵を商なっています」
② 議会の傍聴席や劇場などの観覧席
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「議院一統其座にありて聴聞す、三面の回楼(ガルリー)には、男女席を塞て聴観す」
③ ゴルフやテニスの試合などの観客。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギャラリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギャラリーの関連情報

他サービスで検索

「ギャラリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.