Rakuten infoseek

辞書

ギニア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギニア
Guinea
アフリカ大陸西部大西洋岸中部一帯を広くさす。明確な範囲はないが,セネガルベール岬 (北緯 15°付近) から,アンゴラのモサメデス (南緯 15°付近) までの間に用いられる。そのうちカメルーンのカメルーン山とその沖合いのビオコ島 (旧称フェルナンドポー島) 付近を境として北西方を上ギニア,南方を下ギニアという。狭義には,リベリアパルマス岬からガボンロペズ岬にいたる沿岸をさすのが最も普通である。 14~19世紀には北回帰線から赤道までの西アフリカ一帯をさしたが,アフリカ沿岸の探検が進むにつれ,ギニアの範囲も変化した。この地域は高温多湿な熱帯雨林地帯で,13世紀以来,部族連合国家が栄えた。 15世紀からポルトガル,フランス,イギリス,オランダが進出し,奴隷貿易の中心地となった。奴隷海岸,黄金海岸象牙海岸などの地名が残る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギニア
Guinea
正式名称 ギニア共和国 République de Guinée。
面積 24万5857km2
人口 1022万2000(2011推計)。
首都 コナクリ

アフリカ大陸西部の国。北はセネガル,マリ,東はマリの一部とコートジボアール,南はリベリア,シエラレオネ,北西はギニアビサオと国境を接し,南西は大西洋に臨む。沿岸部は高温多湿な海岸平野で熱帯雨林地帯。北東部のニジェール川上流域はサバナ,南東部はニンバ山 (1752m) を含む高地で,中西部に西アフリカの分水界をなすフータジャロン山地がある。年平均気温はコナクリで 26.7℃。年降水量は最も多い沿岸部で 4000mm以上。 15世紀,沿岸部にポルトガル人が来航,以後ヨーロッパの奴隷商人の寄港地となり,17世紀にはフランスとイギリスが支配権獲得をめぐり争奪,1849年沿岸部の一部がフランス領となったのをはじめ,1880年コナクリのあるトンボ島,1881年フータジャロン山地がフランス保護領となった。 1890年セネガルから分離して別の植民地となり,のちフランス領ギニアと改称,1895年フランス領西アフリカの一部となった。 1946年フランス海外領となったが,1958年9月の住民投票の結果フランス第5共和国憲法を拒否,同年 10月フランス共同体から離脱し,ギニア人民革命共和国として独立。 1984年無血クーデターにより現国名に改称。経済はかつては農業と牧畜に依存したが,1950年代に始まったボーキサイトと鉄鉱石の開発により大きく進展。輸出の大半は世界屈指の埋蔵量をもつボーキサイトと,その半加工品のアルミナで,ほかに鉄鉱石,金も産する。ボーキサイト鉱山はフリア,ボケ,キンディアなどにあり,鉄鉱石はリベリアとの国境のニンバ山と,コートジボアールとの国境に近いシマンドゥ山に豊富な鉱脈があり,1981年から外国資本による開発が進んでいる。農産物の輸出はコーヒー,バナナ,パイナップル,パーム核など。住民は沿岸部のスス族,山地部のフラニ族 (→フルベ族 ) ,北東部のマリンケ族,南部のキッシ族などが主。 80%以上がイスラム教徒で,ほかは部族固有の伝統宗教とキリスト教徒。公用語はフランス語であるが,現地語の使用が奨励されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギニア【Guinea】
正式名称=ギニア共和国République de Guinée面積=24万5857km2人口(1996)=690万人首都=コナクリConakry(日本との時差=-9時間)主要言語=フランス語,マリンケ語,フルフルデ語,スス語ほか通貨=シリSyli西アフリカの南西端に位置する共和国。国土の西部は大西洋に面しているが,北はギニア・ビサウ,セネガル,マリと,東はコートジボアールと,南はシエラレオネ,リベリアとそれぞれ国境を接している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ギニア【Guinea】
アフリカ西部、大西洋に面する共和国。1958年フランスから独立。首都コナクリ。ボーキサイト・鉄・ダイヤモンドを産出する。住民は黒人。主要言語はフランス語・マリンケ語。面積24万6千平方キロメートル。人口940万( 2005)。正称、ギニア共和国。 幾内亜 銀名とも当てた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギニア
(Guinea)
[一] アフリカ西部、大西洋岸の地域の総称。広くはモロッコ南部からアンゴラ南部までを、狭くはギニア湾に面する地域をさす。一六世紀から一九世紀にかけてヨーロッパ諸国の貿易港が開かれ、交易商品の種類により穀物海岸、象牙海岸、黄金海岸、奴隷海岸などの名が付けられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギニア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギニアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.