Rakuten infoseek

辞書

ギアナ高地【ギアナこうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギアナ高地
ギアナこうち
Guiana Highlands
スペイン語では Meseta de Guayana。南アメリカ北部,ギアナ地方にある高地。大西洋沿岸低地を除くギアナ三国 (ガイアナスリナムフランス領ギアナ) の全域,ベネズエラ南東部,およびブラジル北部を含む広大な地域で,南はアマゾン低地,西と北西はオリノコ低地に限られる。地体構造的にはギアナ楯状地と呼ばれ,基盤はアマゾン低地の南に広がるブラジル高原と同じ古期の岩石から成り,地形はゆるやかに起伏する標高 300m以下の丘陵地,600~900mの低い山地,および台地状の高原に分けられる。パリマ,パカライマ,アカライ,トゥムクマケなどの山脈を含み,最高点パカライマ山脈中,ベネズエラ,ガイアナ,ブラジル3国の国境が集る地点に位置するロライマ山の 2772m。全域が熱帯多雨地帯に属し,ベネズエラ南部など一部にサバナが広がるほかは,大部分が熱帯雨林におおわれる。基盤の結晶質岩石は各種の鉱物資源を含むが,金,ダイヤモンド,鉄鉱石などが採掘される以外,開発は進んでいない。この高地を流れるカロニ川の支流チュルン川にかかるエンジェル滝は,世界最大の落差 (979m) をもつ滝として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ギアナ‐こうち〔‐カウチ〕【ギアナ高地】
Escudo guayanés》南アメリカ大陸北東部の高地。ベネズエラおよびギアナ南部からブラジル北部にかけて広がる。西部はテーブル状の峰が多数あり、東部は1000メートル級の山が連なる。地質学的にはギアナ楯状地とよばれ、20億年から18億年前頃の先カンブリア時代の基盤岩からなる。ロライマ山アンヘル滝を含むカナイマ国立公園は、1994年に世界遺産(自然遺産)に登録された。マシーソ‐グアヤーネス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギアナこうち【ギアナ高地 Guiana Highlands】
南アメリカ北東部の,ベネズエラ南東部からブラジル北部,ガイアナ,スリナム,仏領ギアナにまたがる高原状の山地。面積約120万km2。ブラジル高地とともにゴンドワナ大陸の一部を形成し,世界最古の陸地の一つ。先カンブリア時代の結晶片岩片麻岩からなる基盤を古生代中生代の砂岩や溶岩が覆う卓状地で,小起伏の地形が広がる。ところどころに残丘やメーサが突出したり樹枝状に谷が刻まれている。古い陸塊から低地帯に移る部分にはアンヘル滝をはじめ多くの滝がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ギアナ高地
ぎあなこうち
Planalto da Guiana
南アメリカ大陸北部、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナおよびブラジルにまたがる山塊。ブランコ川とエセキボ川を結ぶ低地帯で東西に二分される。西部の山塊には最高峰ネブリナ山(3014メートル)やロライマ山などの高山があるが、東部の山塊はおおむね1000メートル以下の低山である。ギアナ楯状地(たてじょうち)とよばれる安定地塊で、先カンブリア時代の岩類よりなる。西部の山塊では、古期の変成岩類、火成岩類を水平に覆う先カンブリア時代の厚く堅硬な堆積(たいせき)岩層(ロライマ層)が広く分布し、これを頂上に頂いたテーブル状の孤立峰(テプイ)が多数散在している。山塊周辺部には、セロ・ボリーバル鉄山(ベネズエラ)、セラ・ド・ナビオ・マンガン鉱山(ブラジル)などの大規模な鉱山がある。[松本栄次]

世界遺産の登録

ベネズエラ内のギアナ高地は1994年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「カナイマ国立公園」として世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギアナ‐こうち ‥カウチ【ギアナ高地】
南アメリカ北部、ベネズエラ南東部からギアナ南部、ブラジル北部へ広がる高地。最高点はロライマ山(二八一〇メートル)。大部分は未開発で、地下資源に富む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギアナ高地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギアナ高地の関連情報

関連キーワード

カスティリャ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.