Rakuten infoseek

辞書

キンナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キンナ
Cinna, Gaius Helvius
[生]?
[没]前44?
ローマの詩人。カツルスの友人。アレクサンドリア派の学者詩人。代表作『スミルナ』 Smyrna。カエサルの葬儀後,暗殺者の一味のキンナとまちがえられて殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンナ
Cinna, Lucius Cornelius
[生]?
[没]前84. アンコナ
古代ローマの政治家。民衆派 (ポプラレス ) の指導者。内乱期に頭角を現し,前 87~84年まで連年執政官 (コンスル ) 。閥族派 (オプチマテス ) の L.スラと対立した。スラがローマに不在の間に内乱後市民権を得た人々を旧トリブスに所属させる法律を通過させたが,帰還したスラによってくつがえされたので,G.マリウスとともにイタリア諸都市を味方につけ,ローマに進軍,占領し元老院派を一掃,前 86年マリウスの死後実権を握り,先の法律を復活し,経済政策の改革を行なって騎士身分 (エクイテス ) とプレプス (平民) の提携を実現させた。ミトラダテス戦争に勝利したスラの帰還にそなえて,スラ攻撃を企てたが,部下の反抗にあい殺された。彼の娘コルネリアはユリウス・カエサルの妻。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンナ
Cinna Magnus, Gnaeus Cornelius
前1世紀頃のローマの政治家。前 87~84年の連年執政官 (コンスル ) L.キンナの孫。またポンペイウス (大ポンペイウス) の孫にもあたる。前 16~13年頃アウグスツス帝不在のときをねらって反乱を企てたが,失敗。アウグスツスの妻リウィアのとりなしで許され,5年には執政官をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンナ
Cinna, Lucius Cornelius
古代ローマの政治家。 L.C.キンナの子で,前1世紀頃在世。ヒスパニアセルトリウスの乱に加わったが,義兄弟のカエサルの支持で許された。前 44年法務官 (プラエトル ) となり,カエサル暗殺を支持した。ポンペイウス (大ポンペイウス) の娘婿

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キンナ【Lucius Cornelius Cinna】
?‐前84
古代ローマ共和政時代末期の政治家。高貴な家柄の出身であるが,ポプラレス(民衆派)の立場に立ち,マリウススラの対立の際には前者を支持した。前87年コンスル(統領)になり,スラもこれを認めたが,スラがミトリダテス戦争遂行のため東方に去ったあと,露骨に反スラ政策を展開したのでローマを追われた。しかし一部の軍隊やイタリア人の支持を得,マリウスもこれに合流して,武力でローマを奪回,以後前84年まで連続4年度にわたってコンスルの地位にあり,事実上の独裁者として恐怖政治を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キンナ
きんな
Lucius Cornelius Cinna
(?―前84)
古代ローマ、共和政末期の政治家。民衆派に属し、紀元前87、86、85、84年のコンスル(執政官)。同盟市戦争で活躍したのちコンスルに選ばれ、スラの東征に乗じて、その政治体制をくつがえそうとして失敗し、一時追放されたが、武力でローマを抑え、マリウスとともに恐怖政治を敷き、スラ派を追放、殺害した。前86年初めのマリウス後は、騎士、民衆勢力と結ぶ一方、有力元老院層とも結び、政治、経済の再建を図りながら、連年コンスル職を占めつつ、東方のスラに備えたが、部下に殺された。娘コルネリアはカエサルの妻になっている。スラに比べると、政治家としてのスケールは小さい。[長谷川博隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キンナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.