Rakuten infoseek

辞書

キリシタン大名【キリシタンだいみょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キリシタン大名
キリシタンだいみょう
戦国時代末期から江戸時代初期にかけてキリスト教を奉じた大名。イエズス会宣教師は,まず大名を入信させ,次いで家臣領民を改宗させる方法をとった。一方,大名も貿易上の利益,欧風思想への好奇心などから相次いで入信してキリスト教を保護した。最初に入信受洗したのは肥前長崎の大村純忠で永禄6 (1563) 年バルトロメイの名を受け,次いで大友宗麟 (フランシスコ) ,有馬晴信 (プロタシオ) ,黒田孝高 (シメオン) ,小西行長 (アウグスチノ) といった九州の大名が多く入信した。近畿でも高山右近 (ジュスト) ,蒲生氏郷 (レオン) をはじめ,細川忠興夫人 (→細川ガラシャ ) から一部の公家にまで及んだ。シュタイシェン神父 (1857~1929) の『切支丹大名記』では 46家 61人をキリシタン大名として扱っている。とりわけ大友,大村,有馬の3大名が天正 10 (1582) 年少年使節をローマへ派遣したのは彼らの信仰の熱意を示すものといえる (→天正遣欧使節 ) 。しかし 16世紀末以後,熱心なキリシタン大名が死去し,信仰強制に対する在来宗教,特に仏教勢力の猛反抗,さらに豊臣秀吉による禁教によって次第に脱落者が出,江戸時代に入ると幕府の徹底した禁教策が行われたため,大部分は転宗した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キリシタン‐だいみょう〔‐ダイミヤウ〕【キリシタン大名】
近世初期、キリスト教徒となった大名。高山右近大友宗麟有馬晴信大村純忠小西行長らが有名。豊臣秀吉徳川氏の禁教令によって滅んだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キリシタンだいみょう【キリシタン大名】
キリスト教を信仰した大名。ポルトガル語のセニョール・キリシタンSenhor Christãoがこれに当たる。ザビエルは初め最高支配者としての権力をそなえた国王に謁して布教許可を得ようとしたが挫折し,戦国社会の現実に即して個々に各地の有力大名を庇護者として獲得することを余儀なくされた。彼のあとに来た宣教師も封建領主を現存最上の布教者と見たて,彼らへの接近を図った。九州の諸大名は金や軍需品などの獲得のためにポルトガル船の寄港を望み,宣教師の領内布教を許した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キリシタンだいみょう【キリシタン大名】
キリスト教伝来以後、洗礼をうけて信徒となった大名。大友義鎮(宗麟)・有馬晴信・大村純忠・高山右近・小西行長らが有名。豊臣秀吉および徳川氏の禁教令により改宗または没落。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キリシタン大名
きりしたんだいみょう
戦国時代の末から江戸時代の初期にキリシタン宗門の洗礼を受けた戦国大名。江戸時代の大名と異なって豪族をも大名と称したから、その数はかなり多いが、キリシタン信仰が豊臣秀吉(とよとみひでよし)や徳川家康によって禁じられると、彼らの大部分は信仰を棄(す)てたり、あるいは少なくとも表向きには異教徒と変わらない態度をとり、その信仰を貫いた者はわずか数名にすぎない。
 日本で最初にキリシタンとなった大名は、肥前の大村純忠(すみただ)で1563年(永禄6)に受洗し、ドン・バルトロメオの教名を与えられた。同年の夏から翌年にかけて、五畿内(きない)では高山飛騨守(ひだのかみ)、三ケ(さんが)サンチョ(頼照(よりてる))、池田丹後守教正(たんごのかみのりまさ)らの豪族や城主が改宗した。小西隆佐(りゅうさ)・行長(ゆきなが)父子、高山飛騨守の長男右近(うこん)らが初期の改宗者に属する。大村純忠の兄有馬義貞(よしさだ)は1576年(天正4)に受洗したが、同年の末に早く世を去った。高山右近と並ぶ代表的キリシタン大名、豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟(そうりん)がフランシスコの教名で受洗したのは1578年のことで、その少し前に宗麟の甥(おい)で女婿の一条兼定(かねさだ)が改宗している。本能寺の変(1582)のあと、秀吉が大坂城を築いたころ、同城を中心に一種の改宗ブームが起こり、蒲生氏郷(がもううじさと)、黒田孝高(よしたか)ら有力者が受洗した。これには高山右近の感化が大いに影響している。細川忠興(ただおき)自身は、右近から感化されながらも受洗しなかったが、忠興の妻たまが受洗してガラシャの名で著名となる。1587年に豊臣秀吉は九州征伐の帰途博多(はかた)においてバテレン追放令(宣教師追放令)を発し、諸侯がキリシタンになることを禁じるが、このときには大友宗麟、大村純忠、京極高吉(きょうごくたかよし)、一条兼定らは死去しており、高山右近は秀吉の意に背いて信仰の堅持を表明したので、明石(あかし)の領地および大名の地位を奪われた。このとき、秀吉の怒りに触れなかった小西隆佐・行長、黒田孝高、安威了佐(あいりょうさ)、有馬晴信、蒲生氏郷、大村喜前(よしあき)、小早川秀包(ひでかね)、伊東祐兵(すけたけ)らは、表向きにせよキリシタン信仰を棄てることを誓ったものと推察される。秀吉の晩年にも改宗者がかなり出たなかには、京極高次(たかつぐ)・高知(たかとも)、寺沢広高(ひろたか)、宗義智(そうよしとし)、織田秀信(おだひでのぶ)(信長の孫)らをあげることができるが、いずれも早く信仰を棄てることを余儀なくされた。小西行長は一時信仰に動揺をきたしたが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いに敗れ、処刑されるまで信仰をもち続けていたといわれる。高山右近は生涯信仰を堅持し、模範を示しつつ14年マニラに流され、翌年客死した。[松田毅一]
『松田毅一著『キリシタン大名』(『探訪大航海時代の日本3』所収・1978・小学館) ▽岡田章雄著『キリシタン大名』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キリシタン‐だいみょう ‥ダイミャウ【キリシタン大名】
〘名〙 室町末期から江戸初期にかけ、当時のカトリック教徒となった大名。九州の大友宗麟、大村純忠、有馬晴信、近畿の高山右近、小西行長等がいる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

キリシタン大名
キリシタンだいみょう
16世紀後半,キリスト教に改宗した大名
九州の大村純忠・大友義鎮(宗麟)・有馬晴信,近畿の高山右近・小西行長・蒲生氏郷 (がもううじさと) らが有名。洗礼をうけ,教名を用い,ローマ字印章などを使用し,その保護でキリスト教が普及。豊臣秀吉・徳川氏の禁教令により17世紀中ごろ消滅した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリシタン大名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キリシタン大名の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.